ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫られている。大規模な軍事費削減を行っている米軍としては手痛い出費が続いている。

 ヘーゲル国防長官は3月15日、北朝鮮やイランからの攻撃に対する防衛力強化の一環として、地上配備型迎撃ミサイルを米国西海岸に追加配備すると発表した。
 現在30基あるミサイルを2017年までに14基追加して合計44基とする。今回の迎撃ミサイルの追加配備を含む防衛コストの増加は10億ドルに上るという。

 さらに米軍はグアムに配備している戦略爆撃機B-52を朝鮮半島での訓練に投入することを明らかにした。
 韓国を訪問中のカーター国防副長官は「米国のあらゆる可能な能力を韓米同盟に注ぐことを保障する」と述べるとともに、「米国には予算問題があるが、韓国に提供される戦力は最優先する」とし、予算問題に関係なく韓国支援を続ける意向であることも明らかにした。

 米国は現在、国を挙げての予算削減の真っ最中。特に軍事費については10年間で4870億(約44兆円)もの削減が実施される予定。先日就任したばかりのヘーゲル国防長官は、軍事費削減をスムーズに実施することがミッションとなっている国防長官といえる(本誌記事「米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い」参照)。

 ヘーゲル国防長官は、昨年1月に策定した国防戦略を全面的に見直すようカーター副長官に指示したばかりだ。
 だが北朝鮮の思わぬ強硬姿勢に、相次ぐ追加出費を強いられることになり、軍備費削減の実効性を疑問視する声が出始めている。米軍内部では、予算削減に合わせて装備や兵力の体質改善を図ろうという勢力と、従来の体制を維持しようというグループに分かれている。
 うがった見方をする人の中には、北朝鮮の好戦的な姿勢も、現状の軍備を維持しようという勢力が北朝鮮と内通した結果だと考える人までいる。
 アフガニスタンのカルザイ大統領は、今月10日にアフガニスタンを訪問したヘーゲル国防長官に対して、米軍の撤退を遅らせようと、米国の一部勢力がタリバンと結託しているのではないか?と怒りを爆発させている(本誌記事「アフガン撤退に暗雲?ヘーゲル国防長官がアフガンを訪問するも、カルザイ大統領は激怒」参照)。

 これは極端に過ぎるのかもしれないが、少なくとも、二期目を迎えたオバマ政権の軍に対する対応は出鼻をくじかれた格好だ。

 - 政治

  関連記事

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …