ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?

 

 米国のオバマ大統領は3月20日、就任以来初めてイスラエルを訪問した。オバマ政権とイスラエルは中東政策をめぐってギクシャクした関係にある。今後の中東情勢を考える上で、オバマ大統領のイスラエル訪問は大きな意味を持っている。

 これまで米国はイスラエル政府を全面的に支援してきた。だがパレスチナ自治政府が樹立して以降、徐々に米国のイスラエルに対するスタンスは変化してきている。

 特にオバマ大統領はイランとの和解を模索しているといわれ、無条件にイスラエルを支援することについては懐疑的なスタンス。
 さらに、国防長官に就任したばかりのヘーゲル氏は、オバマ大統領に考えが近いといわれ、イスラエルに対する過剰な支援を疑問視する発言を行ったこともある人物だ(本誌記事「ヘーゲル氏の国防長官承認。本格的なオバマ外交が指導」参照)。

 このような背景からイスラエルのネタニヤフ首相は米国の大統領選挙では公然とロムニー候補を支援するという、異例の事態となっていた。
 結局オバマ大統領が再選を決めてしまったため、米国とイスラエルの関係は非常に微妙な状況となっている(本誌記事「オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?」参照)。

 イスラエルのネタニヤフ政権は強硬姿勢を強めており、イラン対する先制攻撃も辞さない構えを見せている。オバマ大統領はイスラエルに対して、攻撃を急ぐことのないよう自制を求め、米国からの一定の支援を約束することで、とりあえずの状況打開を図る可能性が高い。

 だが今回のイスラエル訪問は、イスラエルの建国以来続いてきた、米国とイスラエルの蜜月関係の終わりの始まりとなる可能性が高い。
 今回の訪問でオバマ大統領は、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区にも立ち寄り、自治政府のアッバス議長とも会談を行う予定である。オバマ大統領の最終的な目論見は、イランとの和解であり、さらには米国の中東に対するコミットメントの低下も視野に入っている。今回の訪問はそのスタート地点と位置付けているのかもしれない。

 オバマ大統領の訪問は3月20日から4日間の日程。初日にネタニヤフ首相との会談が、2日目にはアッバス議長との会談が行われる。3日目にはキリスト生誕の地であるベツレヘムを訪問、その後、ヨルダンのアブドラ国王との会談が予定されている。最終日にはペトラの遺跡を訪問したのち、帰途につく。

 - 政治

  関連記事

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

koizumi
政局化狙い?それとも息子への援護射撃。小泉元首相による脱原発論の背景とは?

 小泉純一郎元首相が持論である脱原発論を加速させている。小泉氏は10月1日、名古 …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …