ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の外交儀礼におけるルールはシンプル。どちらが格上でどちらが格下か!

 

 何よりもメンツと格式。中国における外交儀礼の基本はこの2つだといわれる。中国の外交では相手との関係(特に上下関係)をどのように表現するのかが、極めて重要となる。どちらが先に訪問するのか、どの順番で会うのかといったところで、明確にランク付けが決まる。

  これは民間企業でも同じなのだが、中国側に招待された時に、宿舎はどのランクのホテルなのか、レストランはどのランクのものなのか、誰がどの順番で会うのかを見れば、招待された側がどの程度重視されているのかがたちどことに分かるようになっている。
 米国などではあえてフランクなスタイルでの接待というやり方があるが、中国人は愚直で正直なので、そのような変化球はない。常に直球勝負だ。

 その意味で、習近平国家主席が最初の訪問先にロシアを選択したのは、儀礼上はロシアを最優先しているということを示している。
 そもそも中国のトップが外国を訪問すること自体がそれほど多くない。中国は大国だという意識があるので、まず相手国からの訪問を受けるべきだと考えているからである。日本や米国に対しても、まずは相手国のトップが中国を訪問することを要求し、その後、中国トップが相手国を訪問するという立場を取る。ロシアは旧ソ連時代における関係があるので、例外的なケースといえる。

 またテレビなどで注意深く見るとよく分かるが、中国の要人は自分よりも格下の人間と会う場合には、絶対に自分からは近づかない。例えば3月19日に米国のルー財務長官が習近平氏を訪問した際、ルー氏は歩み寄って握手をしたが、習氏は一歩も動かず、ルー氏が近くまで寄るのをずっと待っている。1月に公明と山口代表が習氏を訪ねた際も、習氏は一歩も動いていない。

 中国は付き合いにくい国といわれているが、中国の外交儀礼は、非常にシンプルで嘘偽りがない。相手を重視していると思えば丁重に扱い、相手を見下していると思えば、躊躇なくぞんざいに扱う。ホンネと建前の区別が激しい日本よりも、ある意味で透明性が高いともいえるのだ。

 - 政治

  関連記事

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …