ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が自ら行うという取り組みが成果を上げているという。

 ジュネーブでは、半年前から試験的に職員が自ら清掃を行うプロジェクトを推進している。これまで外部の業者が行っていたオフィス内の清掃を職員が行うというもので、ゴミの回収や分別、雑巾掛けなどを実施しているという。

 窓ガラスの清掃など大掛かりなものは、引き続き外注するが、頻度を落として経費を削減するとともに、入札を徹底して単価も大幅に引き下げたという。

 最初は抵抗があった職員も今ではすっかり慣れ、オフィスに対する愛着も湧いてきて効果は上々だという。近く管理部門全体に拡大する予定だという。

 これは日本も大いに見習うべき事例といえるだろう。建物というのは、建設にもコストがかかるが、その日常的な維持にも莫大な費用がかかる。官庁は基本的に富を生み出さない存在なので、一度作ってしまった庁舎は完全にコスト部門となってしまう。
 また公務員の意識改革という意味でも非常に有効だろう。日本の大半の勤労者は中小企業で働いている。オフィス内の掃除を外部の業者がしてくれるのは、ごく一部の大企業が入居するハイクラスのビルだけであり、ほとんどの中小企業では、オフィス内のちょっとした掃除はもちろん、トイレの掃除も当たり前に社員が行っている。

 このような事例をあげると、効率の観点からムダであるという意見も出るが、決してそうではない。本当に5分や10分の時間もとれないほど業務が山積している職場などほとんどない。また民間企業でも、朝の10分間を社内の掃除時間に充てているところは多く、社員の士気向上や業務効率の向上にプラスの効果を上げている。

 今まで当たり前のように外注してきた清掃に対しても、実は高いコストをかけていたということを肌で理解できるよい機会になるだろう。

 - 政治

  関連記事

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

suga
上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …