ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所が法的整理の手続きに 入った。同社は世界シェアトップに立ったこともある太陽光パネルのメーカーで、代替可能エネルギー・ブームの火付け役的存在。太陽光パネルの業界は不振が続いているが、同社の破産によって、この分野の凋落がより鮮明になった。

 同社に対しては、中国工商銀行など9行が71億元(約1100億円)を貸し出している。3月15日に満期を迎えた転換社債(CB)5億4100万ドル(約520億円)がすでに償還不能となっているという。
 海外の投資家など6割の債権者が2カ月の支払い猶予を認めているが、償還ノメドは立っていない。

 サンテックは太陽電池の研究者であった施正栄氏が2001年に中国で創業。たちまち急成長し、太陽光パネルの主要メーカーに躍り出た。2006には施氏が中国の富豪ランキングトップとなった実績もある。だが価格競争が激化し収益が悪化、一時90ドルを超えていた同社の株価は0.5ドルを切るまでに下落していた。

 サンテックに限らず、太陽光パネルメーカー各社の業績悪化は、ほぼ事前に予測されていた。代替可能エネルギーがブームとなり、世界中の企業がこの分野に進出したが、太陽光パネル自体はかなり昔から存在する付加価値の低い技術。過当競争になるのはほぼ確実であった
 サンテック社のある江蘇省では205社の太陽光パネルメーカーが存在しており、うち半分は2010年9月以降に設立された新しい企業。その多くが利益を出せずに苦しんでいる。

 現在世界には2000万kw分パネル需要があるといわれているが、すでに供給量は5000万kw分にも達している。米国においてもオバマ大統領の肝煎りで太陽光関連産業が後押しされたものの、多くがうまくいっていない。
 参入した事業者自身を含め、太陽光パネル業界があまり儲からないことは誰もが分かっていたことである。だが参入が容易であることや、クリーンエネルギーブームが背景にあったことから、多くの事業者がイチかバチかで参入を続けてきた。
 太陽光関連事業が置かれた現状は、いくら話題性があっても、付加価値のない産業は儲からないという経済のイロハを示すよい事例といえるかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …