ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所が法的整理の手続きに 入った。同社は世界シェアトップに立ったこともある太陽光パネルのメーカーで、代替可能エネルギー・ブームの火付け役的存在。太陽光パネルの業界は不振が続いているが、同社の破産によって、この分野の凋落がより鮮明になった。

 同社に対しては、中国工商銀行など9行が71億元(約1100億円)を貸し出している。3月15日に満期を迎えた転換社債(CB)5億4100万ドル(約520億円)がすでに償還不能となっているという。
 海外の投資家など6割の債権者が2カ月の支払い猶予を認めているが、償還ノメドは立っていない。

 サンテックは太陽電池の研究者であった施正栄氏が2001年に中国で創業。たちまち急成長し、太陽光パネルの主要メーカーに躍り出た。2006には施氏が中国の富豪ランキングトップとなった実績もある。だが価格競争が激化し収益が悪化、一時90ドルを超えていた同社の株価は0.5ドルを切るまでに下落していた。

 サンテックに限らず、太陽光パネルメーカー各社の業績悪化は、ほぼ事前に予測されていた。代替可能エネルギーがブームとなり、世界中の企業がこの分野に進出したが、太陽光パネル自体はかなり昔から存在する付加価値の低い技術。過当競争になるのはほぼ確実であった
 サンテック社のある江蘇省では205社の太陽光パネルメーカーが存在しており、うち半分は2010年9月以降に設立された新しい企業。その多くが利益を出せずに苦しんでいる。

 現在世界には2000万kw分パネル需要があるといわれているが、すでに供給量は5000万kw分にも達している。米国においてもオバマ大統領の肝煎りで太陽光関連産業が後押しされたものの、多くがうまくいっていない。
 参入した事業者自身を含め、太陽光パネル業界があまり儲からないことは誰もが分かっていたことである。だが参入が容易であることや、クリーンエネルギーブームが背景にあったことから、多くの事業者がイチかバチかで参入を続けてきた。
 太陽光関連事業が置かれた現状は、いくら話題性があっても、付加価値のない産業は儲からないという経済のイロハを示すよい事例といえるかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …