ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所が法的整理の手続きに 入った。同社は世界シェアトップに立ったこともある太陽光パネルのメーカーで、代替可能エネルギー・ブームの火付け役的存在。太陽光パネルの業界は不振が続いているが、同社の破産によって、この分野の凋落がより鮮明になった。

 同社に対しては、中国工商銀行など9行が71億元(約1100億円)を貸し出している。3月15日に満期を迎えた転換社債(CB)5億4100万ドル(約520億円)がすでに償還不能となっているという。
 海外の投資家など6割の債権者が2カ月の支払い猶予を認めているが、償還ノメドは立っていない。

 サンテックは太陽電池の研究者であった施正栄氏が2001年に中国で創業。たちまち急成長し、太陽光パネルの主要メーカーに躍り出た。2006には施氏が中国の富豪ランキングトップとなった実績もある。だが価格競争が激化し収益が悪化、一時90ドルを超えていた同社の株価は0.5ドルを切るまでに下落していた。

 サンテックに限らず、太陽光パネルメーカー各社の業績悪化は、ほぼ事前に予測されていた。代替可能エネルギーがブームとなり、世界中の企業がこの分野に進出したが、太陽光パネル自体はかなり昔から存在する付加価値の低い技術。過当競争になるのはほぼ確実であった
 サンテック社のある江蘇省では205社の太陽光パネルメーカーが存在しており、うち半分は2010年9月以降に設立された新しい企業。その多くが利益を出せずに苦しんでいる。

 現在世界には2000万kw分パネル需要があるといわれているが、すでに供給量は5000万kw分にも達している。米国においてもオバマ大統領の肝煎りで太陽光関連産業が後押しされたものの、多くがうまくいっていない。
 参入した事業者自身を含め、太陽光パネル業界があまり儲からないことは誰もが分かっていたことである。だが参入が容易であることや、クリーンエネルギーブームが背景にあったことから、多くの事業者がイチかバチかで参入を続けてきた。
 太陽光関連事業が置かれた現状は、いくら話題性があっても、付加価値のない産業は儲からないという経済のイロハを示すよい事例といえるかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

sumahogoogle
スマホ非対応のサイトは検索エンジンから排除?グーグルの新基準

 ネット検索大手グーグルは2015年4月21日から、Webサイトがスマホ対応にな …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …