ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所が法的整理の手続きに 入った。同社は世界シェアトップに立ったこともある太陽光パネルのメーカーで、代替可能エネルギー・ブームの火付け役的存在。太陽光パネルの業界は不振が続いているが、同社の破産によって、この分野の凋落がより鮮明になった。

 同社に対しては、中国工商銀行など9行が71億元(約1100億円)を貸し出している。3月15日に満期を迎えた転換社債(CB)5億4100万ドル(約520億円)がすでに償還不能となっているという。
 海外の投資家など6割の債権者が2カ月の支払い猶予を認めているが、償還ノメドは立っていない。

 サンテックは太陽電池の研究者であった施正栄氏が2001年に中国で創業。たちまち急成長し、太陽光パネルの主要メーカーに躍り出た。2006には施氏が中国の富豪ランキングトップとなった実績もある。だが価格競争が激化し収益が悪化、一時90ドルを超えていた同社の株価は0.5ドルを切るまでに下落していた。

 サンテックに限らず、太陽光パネルメーカー各社の業績悪化は、ほぼ事前に予測されていた。代替可能エネルギーがブームとなり、世界中の企業がこの分野に進出したが、太陽光パネル自体はかなり昔から存在する付加価値の低い技術。過当競争になるのはほぼ確実であった
 サンテック社のある江蘇省では205社の太陽光パネルメーカーが存在しており、うち半分は2010年9月以降に設立された新しい企業。その多くが利益を出せずに苦しんでいる。

 現在世界には2000万kw分パネル需要があるといわれているが、すでに供給量は5000万kw分にも達している。米国においてもオバマ大統領の肝煎りで太陽光関連産業が後押しされたものの、多くがうまくいっていない。
 参入した事業者自身を含め、太陽光パネル業界があまり儲からないことは誰もが分かっていたことである。だが参入が容易であることや、クリーンエネルギーブームが背景にあったことから、多くの事業者がイチかバチかで参入を続けてきた。
 太陽光関連事業が置かれた現状は、いくら話題性があっても、付加価値のない産業は儲からないという経済のイロハを示すよい事例といえるかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

son
ソフトバンクの孫社長が次々と巨大豪邸を建設。その真意は?

 ソフトバンクの孫正義社長が、最近次々と豪邸を建てている。短期間に3つも豪邸を建 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …