ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ各紙では「地価に底打ち感」「3年連続で下げ幅減少」とあたかも不動産価格が堅調であるかのような報道を行っている。それもそのはず、国土交通省がマスコミ向けに配った資料にそのように記載されており、記者はそれをマル写ししているだけだからだ。

 確かに公示地価の下げ幅は縮小しており、下げ止まり感が出てきたといえなくもない。だが、地価そのものは、住宅地で前年比1.6%のマイナス、商業地は2.1%のマイナスで、5年連続の下落である。

 もちろんアベノミクスによって市場にはインフレ期待が拡大してきており、いずれ地価にも反映される可能性は高い。だが現在は、株高によって高額商品の販売が好調になるなど、まだまだインフレの初期段階である。地価が上昇に転じたわけではない。
 しかも、ピーク時から比べると地価は4分の1以下の水準であり、約1000兆円もの国民の富が失われたままだ(国家予算の10年分である)。どん底状態での下げ幅縮小というのが正しい姿だろう。

 今後日本でインフレが進むのであれば、地価も併せて上昇していく可能性が高い。だがバブル経済時代から変わっていない日本の不動産金融システムを改善しないままでは、多くの国民が地価上昇の恩恵を受けられないという本末転倒の結果にもなりかねない。地価の上昇を期待するのはよいことだが、その前にやるべきことが山積している。

 日本の不動産金融システム最大の欠陥は、住宅用不動産が新築に著しく偏り、中古住宅が資産として機能していないことである。
 日本の住宅流通市場のうち、中古住宅の占める割ははわずかに13%。先進国では異常に低い数値だ。それは住宅メーカーやデベロッパーの儲けを優先し、国が新築優先の政策を続けてきた結果である。このため中古住宅には十分な担保価値がないと判断され、中古住宅をベースにした金融サービスが十分に発達していない。
 成熟国家になった今、圧倒的に数の多い中古住宅が国民の資産として機能しないというのは、日本人の資産形成や生活水準の向上に悪影響を与えている。

 国土交通省もようやく重い腰を上げ、中古住宅の流通市場の整備に動き始めている。安易に不動産価格の上昇を期待するのではなく、日本人の生活水準を向上させる地道な努力が求められている。

 - 政治, 経済

  関連記事

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

clintontoronkai
米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネ …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …