ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木は3月8日に行われた「日本アカデミー賞」授賞式の会場で、「私は全身ガンなので来年の仕事はお約束できないんですよ、本当に」とガンであることを告白した。

 樹木は2004年に乳がんとなり、翌年右乳房の全摘出手術を受けた。だが2007年には同じ場所でがんが再発し、放射線治療を受けている。さらに3年くらい前にガンの転移が確認され、その後は病院に行く度に新しいガンが見付かることになったので、もう病院には行っていないという。

 樹木の発言をめぐっては、現代日本人の社会性を反映するような反応が随所に見受けられた。
 樹木は発言後の取材に対しても、基本的に「ガンは治らない。治ったように見えるだけ」というスタンスに立って発言している。だが、あるTV番組では、樹木の気持ちはそっちのけで、アナウンサーが「がんは治る病気です」と繰り返し絶叫していた。

 樹木の言う通り、ガンは一部のものを除いて完治する病気とは認識されていない。医学の世界でガンは、「寛解」と呼び「治癒」とは表現しない。いつ再発するか分らないからである。
 もし体の寿命が再発に勝れば人生をまっとうできるが、残念なことに再発が早まればガンで死ぬことになる。また残念なことだが一旦再発すると、その後の状況は悪く、ガンが進行していく可能性が極めて高い。不幸な人は1~2年で再発する人もいるし、幸運な人は再発することなく一生を過ごすことができるかもしれない。これは厳然たる事実である。

 非常に残念なことに、この事実はガン患者本人しか理解していないことが多い。周囲の人間はガンは完治しないという自分にとって愉快ではない事実を見たくないが故に、ガンは絶対に治るということを、こともあろうにガン患者に押し付けているのだ。いつ再発するか分らない恐怖と闘っているのは患者本人だというのに。
 ガンは治ると絶叫しているアナウンサーからは、残された寿命は長くないという事実を受け入れ、それでも粛々と仕事をしている樹木に対する尊敬の念はこれっぽっちも感じ取れない。

 ガン患者に対するこういった反応は、見たくないものにはフタをするという、現代日本の悪しき習慣が大きく影響していると思われる。長寿国日本では、死因の圧倒的トップはガンであり、多くの人にとって避けて通れない問題である。将来は医学の発展でどうなっているかはわからないが、今のところは、ガンとは共存していくしか方法がないのだ。
 医学上の見地はともあれ、ガンは治るものなのか、そうでないものなのかについて、どう考えるかは個人の自由である。だがその個人的価値観を、ガン患者に押し付けるという無神経なことだけはあってはならないはずだ。

 病気に対してどのように向き合うことができるのかは、その社会の成熟度を示すバロメータといってよい。覚悟を決めたガン患者に、本人の意向と関係なく完治の希望を押し売りする社会は明らかに後進的といえる。日本では、インフォームドコンセントの問題や終末医療問題について議論が深まらないのは、こういったところにも理由がありそうだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

no image
青山学院のイジメ問題。大物女優Kの去就を含め、業界は不気味な沈黙

 青山学院のイジメ問題で渦中の人となっている大物女優K。その去就が注目されている …