ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木は3月8日に行われた「日本アカデミー賞」授賞式の会場で、「私は全身ガンなので来年の仕事はお約束できないんですよ、本当に」とガンであることを告白した。

 樹木は2004年に乳がんとなり、翌年右乳房の全摘出手術を受けた。だが2007年には同じ場所でがんが再発し、放射線治療を受けている。さらに3年くらい前にガンの転移が確認され、その後は病院に行く度に新しいガンが見付かることになったので、もう病院には行っていないという。

 樹木の発言をめぐっては、現代日本人の社会性を反映するような反応が随所に見受けられた。
 樹木は発言後の取材に対しても、基本的に「ガンは治らない。治ったように見えるだけ」というスタンスに立って発言している。だが、あるTV番組では、樹木の気持ちはそっちのけで、アナウンサーが「がんは治る病気です」と繰り返し絶叫していた。

 樹木の言う通り、ガンは一部のものを除いて完治する病気とは認識されていない。医学の世界でガンは、「寛解」と呼び「治癒」とは表現しない。いつ再発するか分らないからである。
 もし体の寿命が再発に勝れば人生をまっとうできるが、残念なことに再発が早まればガンで死ぬことになる。また残念なことだが一旦再発すると、その後の状況は悪く、ガンが進行していく可能性が極めて高い。不幸な人は1~2年で再発する人もいるし、幸運な人は再発することなく一生を過ごすことができるかもしれない。これは厳然たる事実である。

 非常に残念なことに、この事実はガン患者本人しか理解していないことが多い。周囲の人間はガンは完治しないという自分にとって愉快ではない事実を見たくないが故に、ガンは絶対に治るということを、こともあろうにガン患者に押し付けているのだ。いつ再発するか分らない恐怖と闘っているのは患者本人だというのに。
 ガンは治ると絶叫しているアナウンサーからは、残された寿命は長くないという事実を受け入れ、それでも粛々と仕事をしている樹木に対する尊敬の念はこれっぽっちも感じ取れない。

 ガン患者に対するこういった反応は、見たくないものにはフタをするという、現代日本の悪しき習慣が大きく影響していると思われる。長寿国日本では、死因の圧倒的トップはガンであり、多くの人にとって避けて通れない問題である。将来は医学の発展でどうなっているかはわからないが、今のところは、ガンとは共存していくしか方法がないのだ。
 医学上の見地はともあれ、ガンは治るものなのか、そうでないものなのかについて、どう考えるかは個人の自由である。だがその個人的価値観を、ガン患者に押し付けるという無神経なことだけはあってはならないはずだ。

 病気に対してどのように向き合うことができるのかは、その社会の成熟度を示すバロメータといってよい。覚悟を決めたガン患者に、本人の意向と関係なく完治の希望を押し売りする社会は明らかに後進的といえる。日本では、インフォームドコンセントの問題や終末医療問題について議論が深まらないのは、こういったところにも理由がありそうだ。

 - 社会, 芸能

  関連記事

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

no image
釈由美子がGACKTの愛人であることが発覚。つくづく「だめんず」な体質の釈

 女優の釈由美子がGACKT(ガクト)と長年にわたって親密交際していたことを週刊 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …