ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均一ショップなどを中心に、マレーシア、シンガポール、ポルトガル製の菓子が徐々に存在感を高めている。これまで完全な国内閉鎖市場であった菓子の分野にも、遅ればせながらグローバル化の波が押し寄せている。

 最近、100円ショップなどで目にする外国製の菓子類は、非常にコストパフォーマンスが高い。
 例えばマレーシア産のチョコレート菓子「Max Crunch」はパフ入りのチョコレート菓子。内容量は140グラムもあり、日本の菓子よりも一回り大きい。1グラムあたりの単価が1.5円~2円(定価ベース)のことが多い日本のチョコレート菓子に比べると、1グラムあたりの単価が0.7円と半額以下だ。味は日本の菓子と比べると多少大雑把だが、十分に美味しい。

 日本の菓子メーカーは、国境という障壁に守られ、長く安定したビジネスを続けてきた。
 確かに日本の菓子はきめ細かく味もよいといわれている。だが保守的で複雑な流通網の影響もあり、定価販売が守られ、規模を追及しなくても一定の利益を得ることが可能となっていた(その分日本の消費者は高い商品しか選択肢がなかったともいえる)。
 だがグローバルな基準から見ると、日本の大手菓子メーカーは中小零細企業レベルの存在でしかない。大手メーカーの森永製菓の売り上げは約1400億円なのに対して、菓子類を中心にグローバルに食品を展開するネスレは7兆5000億円、ナビスコなどを傘下に持つクラフトフーズは3兆5000億円の売り上げがある。再編の末、乳製品、菓子、医薬品の総合メーカーとなった明治ホールディングスですら売上は1兆円をこえた程度だ。

 価格競争力の高い地域で生産された安価な菓子類の普及は、消費者にとって選択肢が増えることを意味しており、大きなメリットをもたらすだろう。
 菓子メーカーにとっては、今後はガラパゴス経営が許されなくなることを意味しているが、これは成熟国家の宿命ともいえる。豊かになった国においては、グローバルに展開する高付加価値企業以外は生き残れないのだ。シャープやパナソニックなど大手電気メーカーの経営難は、企業個別の原因はあるものの、日本が途上国から完全な成熟国家になったたことが根本的な原因である。菓子メーカーもその例外ではない。
 これを機に、日本の菓子メーカーも一気にグローバル化を進め、日本の付加価値向上に貢献してもらいたい。

 - 経済

  関連記事

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …