ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想が政府内部で浮上しているという。

 日本経済新聞の報道によると、検討されている協定内容は、企業が賃上げを実施する代わりに労働者は雇用の流動化を受け入れ、政府が財政面で後押しするというもの。記事では、1980年代のオランダの成功例にならい賃上げを目指すとしている。だがこの記事は、非常に不可解な内容である。

 記事で成功例として取り上げられているのは、1980年代にオランダで結ばれた労使協定。だが、この労使協定は、失業率の増加を防ぐためのものであり、賃上げを目的としたものではない。
 労働者の賃上げを抑制する代わりに、雇用を確保するためのもので、賃上げどころか、賃下げを狙った内容といってよい。

 現在、政府で検討されているという協定は、企業が賃上げを促進する代わりに労働者は解雇規制の緩和に同意し失業を受け入れる。さらに政府は失業者の就業支援を進めるという内容だ。つまり企業に残った労働者は賃上げの恩恵を受けられるが、その代わり失業率が増加することを意味しており、マクロ的に見れば実質賃金の切り下げになる。その意味ではオランダの協定と近いことになる。

 だが皮肉なことに、この考え方は経済学的には間違っていない。緩やかなインフレが進む中で、実質賃金が低下する局面では、経済成長率が高まるケースが多い。

 ここで問題となるのが、この記事が書かれた背景である。新しい政労使協定を検討している政府の真の目的は実質賃金の切り下げにあり、記事を書いた記者もそれを理解した上で、故意に反対の内容を書いているのか、それとも、政府も記者も経済をよく理解していないのかのどちらかである。

 もし前者であるとするならば、アベノミクスの賃上げというのは政治的ポーズであり、政府は賃上げよりも経済成長を優先していることになる。

 - 政治, 経済

  関連記事

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

toki
飼育中のトキが偏食で卒倒。これで2回目。もういい加減にしたらどうだろうか?

 新潟県の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ1羽が、偏食によるビタミン不足で倒れ …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …