ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想が政府内部で浮上しているという。

 日本経済新聞の報道によると、検討されている協定内容は、企業が賃上げを実施する代わりに労働者は雇用の流動化を受け入れ、政府が財政面で後押しするというもの。記事では、1980年代のオランダの成功例にならい賃上げを目指すとしている。だがこの記事は、非常に不可解な内容である。

 記事で成功例として取り上げられているのは、1980年代にオランダで結ばれた労使協定。だが、この労使協定は、失業率の増加を防ぐためのものであり、賃上げを目的としたものではない。
 労働者の賃上げを抑制する代わりに、雇用を確保するためのもので、賃上げどころか、賃下げを狙った内容といってよい。

 現在、政府で検討されているという協定は、企業が賃上げを促進する代わりに労働者は解雇規制の緩和に同意し失業を受け入れる。さらに政府は失業者の就業支援を進めるという内容だ。つまり企業に残った労働者は賃上げの恩恵を受けられるが、その代わり失業率が増加することを意味しており、マクロ的に見れば実質賃金の切り下げになる。その意味ではオランダの協定と近いことになる。

 だが皮肉なことに、この考え方は経済学的には間違っていない。緩やかなインフレが進む中で、実質賃金が低下する局面では、経済成長率が高まるケースが多い。

 ここで問題となるのが、この記事が書かれた背景である。新しい政労使協定を検討している政府の真の目的は実質賃金の切り下げにあり、記事を書いた記者もそれを理解した上で、故意に反対の内容を書いているのか、それとも、政府も記者も経済をよく理解していないのかのどちらかである。

 もし前者であるとするならば、アベノミクスの賃上げというのは政治的ポーズであり、政府は賃上げよりも経済成長を優先していることになる。

 - 政治, 経済

  関連記事

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

enpirestate
摩天楼の象徴エンパイアステートビルが上場。米国の不動産市場は絶好調

 ニューヨークの摩天楼を象徴といわれる超高層ビル「エンパイアステートビル」が10 …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …