ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想が政府内部で浮上しているという。

 日本経済新聞の報道によると、検討されている協定内容は、企業が賃上げを実施する代わりに労働者は雇用の流動化を受け入れ、政府が財政面で後押しするというもの。記事では、1980年代のオランダの成功例にならい賃上げを目指すとしている。だがこの記事は、非常に不可解な内容である。

 記事で成功例として取り上げられているのは、1980年代にオランダで結ばれた労使協定。だが、この労使協定は、失業率の増加を防ぐためのものであり、賃上げを目的としたものではない。
 労働者の賃上げを抑制する代わりに、雇用を確保するためのもので、賃上げどころか、賃下げを狙った内容といってよい。

 現在、政府で検討されているという協定は、企業が賃上げを促進する代わりに労働者は解雇規制の緩和に同意し失業を受け入れる。さらに政府は失業者の就業支援を進めるという内容だ。つまり企業に残った労働者は賃上げの恩恵を受けられるが、その代わり失業率が増加することを意味しており、マクロ的に見れば実質賃金の切り下げになる。その意味ではオランダの協定と近いことになる。

 だが皮肉なことに、この考え方は経済学的には間違っていない。緩やかなインフレが進む中で、実質賃金が低下する局面では、経済成長率が高まるケースが多い。

 ここで問題となるのが、この記事が書かれた背景である。新しい政労使協定を検討している政府の真の目的は実質賃金の切り下げにあり、記事を書いた記者もそれを理解した上で、故意に反対の内容を書いているのか、それとも、政府も記者も経済をよく理解していないのかのどちらかである。

 もし前者であるとするならば、アベノミクスの賃上げというのは政治的ポーズであり、政府は賃上げよりも経済成長を優先していることになる。

 - 政治, 経済

  関連記事

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

no image
米大統領選挙、TV討論会が先ほど始まる

 米大統領選におけるもっとも重要なイベントの一つであるテレビ討論会が先ほど(日本 …

bukkajoushou
1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

raisu
オバマ大統領がライス氏の国務長官起用を断念。中国ベッタリのケリー議員が就任か?

 オバマ米大統領が次期国務長官の最有力候補としていたスーザン・ライス米国連大使の …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …