ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の見直しを検討している。海外のインフラ事業に対する投資を検討し、投資先の多角化を目指すという。

 GPIFでは、昨年から海外インフラ事業に対する投資について調査研究を進めている。海外インフラ投資とは、海外の道路や港湾、空港などに対する投資のこと。長期にわたって安定的にリターンを得ることができるほか、株式や債券など他の資産との連動性が低いことから、海外の年金ファンドの中には積極的に組み入れを進めているところも多い。

 今後長期的な円安が見込めることや、新興国の発展が期待できることなどから、日本の公的年金においても、組み入れを具体的に検討していくという。

 年金の運用先が拡大すること自体は悪い話ではないが、海外のインフラ投資には欠点もある。インフラ投資は換金性がほとんどなく、一旦投資したら投資先と最後まで心中しなければならない。また現地の状況に詳しい専門家が少なく、適正が投資半が難しいという問題である。
 さらに日本の場合には、少しやっかいな問題が背景に横たわっている。肝心の国内において優良な投資先が少ないのである。

 日本の公的年金の資産配分は、国内債券70%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式10%、短期資産1%となっており、国内債券(国債)に極端に集中している。国債が中心なのはどの国の年金も同じだが、日本の場合には、国内株式の割合が非常に少なく、外国株式の割合が高いという特長がある。

 こうなっている原因のひとつには、日本の株価低迷が続き、株式のパフォーマンスがよくないということがある。一方、公的年金は最大の機関投資家であり、公的年金が株を買わないので、日本の株が上がらないという側面もあり、鶏と卵状態である。
 どちらが正しいかはわからないが、少なくとも日本の公的年金は日本の株式を信用していない。つまり自国の経済的発展を信じていないのだ。

 外国株への投資比率が高かったり、ある程度のリスクがあるにも関わらず海外のインフラ投資を検討する背景には、投資先の多角化というテーマもあるが、それ以上に、日本の成長を信じることができないという現実が存在しているのだ。

 政府は成長戦略をうたい、国内景気を回復させると言っている。だが一方で多くの日本人が支出に前向きになれないのは、日本の将来に不安を感じているからである。大事な年金を預かる組織が、日本の株式が怖くて買えないというのなら、誰が日本の将来に期待が持てるというのだろうか?

 GPIFでは国内株式の組み入れ比率の上昇も併せて検討しているという。現在、足元の市場ではアベノミクスへの期待から久々の株式ブームとなっている。最大の投資家であるGPIFが日本株に対してもう少し積極的な姿勢をみせれば、株式市場はさらに活況を呈するかもしれない。GPIFの日本株に対する姿勢は、アベノミクスの株高がバブルなのかどうかの一つの試金石となるのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

jieitai
軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大しているこ …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …