ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見られるようになってきた。内閣府と財務省がまとめた2013年2月の法人企業景気予測調査では、中小企業の利益配分先として「従業員への還元」を上げた企業が、前回調査よりも 7.4ポイント上昇し52.9%となった。だが調査の結果をよく見てみると、手放しでは喜べない現実が透けて見える。

 調査結果では確かに「従業員への還元」と回答した企業の割合は増えているのだが、前回の調査に続き、利益配分先のトップとなったのは「内部留保」である。しかも「設備投資」や「新製品・新技術の開発」はともに前年を下回った。つまり、将来に向けて投資する先はほとんどなく、世の中が賃上げの雰囲気になってきたので、とりあえず賃上げをするといった感じが見受けられる。

 同調査では企業の規模別に同様の質問を行っている。大企業と中堅企業では、1位は内部留保だが2位には中小企業とは異なり設備投資が来ている。中堅企業では3位に従業員への還元が入っているが、大企業では従業員への還元は3位にも入らない。

 このことは何を意味しているのだろうか?要するに大企業は将来に向けて明るさが見えつつあり、中堅企業もそれに続こうとしているが、中小企業にはまったく将来性が見えないということである。
 従業員にしてみれば賃上げは嬉しいことではあるが、一時的なものでは意味がない。企業はまず将来の成長に期待して設備投資や研究開発を積極的に行い、その成果が十分に上がったところで従業員の給料を増やしていくのが健全な姿であり、最終的には従業員の利益にもなる。
 大企業や中堅企業はその拡大サイクルに入りつつあるが、中小企業はそのサイクルに取り残されているのだ。

 日本では残念ながら中小企業のほとんどが、大企業や中堅企業の配下にある下請会社である。この事実を踏まえると、大企業と中堅企業が拡大サイクルに入っているのに、中小企業がそうなっていないのは、大企業と中堅企業が下請けの中小企業を完全に切り捨てているからと考えられる。

 もしグローバルな弱肉強食の論理を追及するなら、大企業も含めて苛烈な国際競争に晒すのがスジである。だがいわゆる日本的経営をつらぬくのであれば、下請けを切り捨てるやり方はフェアではないし、格差を助長するだけである。
 儲かっているときであれば奇麗ごとを言うことは簡単だ。だが状況が厳しく、薄明かりが見えてきた今こそ、日本的経営というものの真価が問われている。

 - 政治, 経済

  関連記事

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

hatoyama
鳩山元首相が訪中。中国による分断作戦か日本政府への隠れたラブコールか?

 今回の衆院選をきっかけに政界を引退した鳩山元首相が中国の招きで訪中することが明 …