ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見られるようになってきた。内閣府と財務省がまとめた2013年2月の法人企業景気予測調査では、中小企業の利益配分先として「従業員への還元」を上げた企業が、前回調査よりも 7.4ポイント上昇し52.9%となった。だが調査の結果をよく見てみると、手放しでは喜べない現実が透けて見える。

 調査結果では確かに「従業員への還元」と回答した企業の割合は増えているのだが、前回の調査に続き、利益配分先のトップとなったのは「内部留保」である。しかも「設備投資」や「新製品・新技術の開発」はともに前年を下回った。つまり、将来に向けて投資する先はほとんどなく、世の中が賃上げの雰囲気になってきたので、とりあえず賃上げをするといった感じが見受けられる。

 同調査では企業の規模別に同様の質問を行っている。大企業と中堅企業では、1位は内部留保だが2位には中小企業とは異なり設備投資が来ている。中堅企業では3位に従業員への還元が入っているが、大企業では従業員への還元は3位にも入らない。

 このことは何を意味しているのだろうか?要するに大企業は将来に向けて明るさが見えつつあり、中堅企業もそれに続こうとしているが、中小企業にはまったく将来性が見えないということである。
 従業員にしてみれば賃上げは嬉しいことではあるが、一時的なものでは意味がない。企業はまず将来の成長に期待して設備投資や研究開発を積極的に行い、その成果が十分に上がったところで従業員の給料を増やしていくのが健全な姿であり、最終的には従業員の利益にもなる。
 大企業や中堅企業はその拡大サイクルに入りつつあるが、中小企業はそのサイクルに取り残されているのだ。

 日本では残念ながら中小企業のほとんどが、大企業や中堅企業の配下にある下請会社である。この事実を踏まえると、大企業と中堅企業が拡大サイクルに入っているのに、中小企業がそうなっていないのは、大企業と中堅企業が下請けの中小企業を完全に切り捨てているからと考えられる。

 もしグローバルな弱肉強食の論理を追及するなら、大企業も含めて苛烈な国際競争に晒すのがスジである。だがいわゆる日本的経営をつらぬくのであれば、下請けを切り捨てるやり方はフェアではないし、格差を助長するだけである。
 儲かっているときであれば奇麗ごとを言うことは簡単だ。だが状況が厳しく、薄明かりが見えてきた今こそ、日本的経営というものの真価が問われている。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

no image
(速報)パナソニックが7650億円の赤字見通し。三洋買収の失敗が明らかに!

 パナソニックは31日、2013年3月期の中間決算を発表した。売上高は3兆638 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

shukinpei
中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新 …