ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見られるようになってきた。内閣府と財務省がまとめた2013年2月の法人企業景気予測調査では、中小企業の利益配分先として「従業員への還元」を上げた企業が、前回調査よりも 7.4ポイント上昇し52.9%となった。だが調査の結果をよく見てみると、手放しでは喜べない現実が透けて見える。

 調査結果では確かに「従業員への還元」と回答した企業の割合は増えているのだが、前回の調査に続き、利益配分先のトップとなったのは「内部留保」である。しかも「設備投資」や「新製品・新技術の開発」はともに前年を下回った。つまり、将来に向けて投資する先はほとんどなく、世の中が賃上げの雰囲気になってきたので、とりあえず賃上げをするといった感じが見受けられる。

 同調査では企業の規模別に同様の質問を行っている。大企業と中堅企業では、1位は内部留保だが2位には中小企業とは異なり設備投資が来ている。中堅企業では3位に従業員への還元が入っているが、大企業では従業員への還元は3位にも入らない。

 このことは何を意味しているのだろうか?要するに大企業は将来に向けて明るさが見えつつあり、中堅企業もそれに続こうとしているが、中小企業にはまったく将来性が見えないということである。
 従業員にしてみれば賃上げは嬉しいことではあるが、一時的なものでは意味がない。企業はまず将来の成長に期待して設備投資や研究開発を積極的に行い、その成果が十分に上がったところで従業員の給料を増やしていくのが健全な姿であり、最終的には従業員の利益にもなる。
 大企業や中堅企業はその拡大サイクルに入りつつあるが、中小企業はそのサイクルに取り残されているのだ。

 日本では残念ながら中小企業のほとんどが、大企業や中堅企業の配下にある下請会社である。この事実を踏まえると、大企業と中堅企業が拡大サイクルに入っているのに、中小企業がそうなっていないのは、大企業と中堅企業が下請けの中小企業を完全に切り捨てているからと考えられる。

 もしグローバルな弱肉強食の論理を追及するなら、大企業も含めて苛烈な国際競争に晒すのがスジである。だがいわゆる日本的経営をつらぬくのであれば、下請けを切り捨てるやり方はフェアではないし、格差を助長するだけである。
 儲かっているときであれば奇麗ごとを言うことは簡単だ。だが状況が厳しく、薄明かりが見えてきた今こそ、日本的経営というものの真価が問われている。

 - 政治, 経済

  関連記事

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

watanabeyosimi
みんなの党が維新との合流を断念。渡辺代表が父親譲りのダジャレで決別宣言

 みんなの党の渡辺代表は27日、政策が一致していないとして、日本維新の会との合流 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …