ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

文系入試にも数学必須に?だが理系冷遇の風潮を改善しない限りモノづくりは復活しない

 

 自民党の教育再生実行本部が、文系を含むすべての大学入試で理数科目を必須とすることなどを提言する方針を固めた。産経新聞が報じている。

 文系の大学入試、特に私立大学の試験科目は英語・国語・社会の3科目に偏っている。自民党では文系の入試に理数科目を加えることで、理工系分野に関心を持つ生徒を増やす効果があるとしている。また提案の中には、小学校の理科の授業を すべて理科専門の教師が行うこも含めるという。

 この動きの背景には、近年日本の製造業の国際競争力が急低下し、モノづくり大国としての地位が失われつつあるとの危機感がある。だが文系の大学入試に数学を加えたところで、この問題は解決するのだろうか?おそらく答えはノーである。

 そもそも、成熟国家では数学が嫌われるのは世界的傾向であり、日本だけの問題ではない。日本の競争力低下の主な要因は、数学ができる労働者が減っているのではなく、数学的センスを持ったリーダーが決定的に不足していることにある。
 諸外国では大学が工学部で、修士では経営学を学ぶといったキャリアを持ったエリートが無数に存在する。だが日本では、いわゆる大学の理工系と呼ばれる人のキャリアは多くがエンジニアに限定されており、経営幹部への道が閉ざされている。

 本来、成熟国家となった日本では、国家公務員が超エリートであること自体が問題なのだが(いわゆるキャリア官僚が超エリートなのは一般的に発展途上国である)、日本のエリートといわれるキャリア官僚の世界では、理工系は完全に排除されているといってよい。

 世の中ではキャリア官僚はすべてエリートというイメージがあるが、実態はまったく違う。キャリア官僚の多くは技術系であり、彼らは同じ国家一種(現在は総合職と呼ぶ)試験の合格者であっても、技官と呼ばれ完全に区別されている。財務省など主要官庁では技官が出世することはもちろん「入省することすら不可能」(技術系キャリア官僚)といわれる。

 国家公務員にはキャリア官僚の下にノンキャリア(国家二種試験の合格者)と呼ばれるグループがいるが、両者には天と地ほどの差がある。キャリア官僚は30代前半で課長補佐になるが、ノンキャリアが課長補佐になれるのは50代だ。しかもほとんどのノンキャリアは課長にもなれずよくて課長補佐で一生を終える。
 だがキャリア官僚でも技官の場合には、ノンキャリアほどではないが、昇進に著しい差がつくのが実態なのである。

 つまり日本は国をあげていわゆる理工系を冷遇してきた。待遇が悪いことが明確である以上、理工系を目指す人が少ないのは当たり前である。理工系のセンスを持ったリーダーを育成する道を閉ざしたままでは、いくら数学力不足を嘆いても、日本の製造業が復活することはないだろう。

 - 政治, 社会

  関連記事

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

pachinko
生活保護受給者のパチンコを制限する小野市の条例から見えてくるもの

 生活保護を受ける人たちがパチンコやギャンブルに浪費しているのを見つけた市民に通 …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …