ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡しているのが発見された。べレゾフスキー氏はプーチン政権を激しく批判しており、2006年に放射性物質ポロニウムで毒殺された反プーチン派の元KGB中佐リトビネンコ氏とも密接な関係があった。本人はロシアの諜報当局から命を狙われていると公言しており、一部では暗殺説も飛び交っている。だが現段階で英国の警察当局は自殺と判断している模様。

  ベレゾフスキー氏はロシアのいわゆる「新興財閥」(オルガリヒ)の一人。旧ソ連崩壊後の混乱期に自動車販売で成功し、テレビ局や航空最大手アエロフロート、石油会社などを手中に収め、エリツィン大統領の片腕と呼ばれた。だがエリツィン氏の後継者であるプーチン氏と対立したことから英国に亡命していた。

 ロシアでは、プーチン氏が権力を握る過程で、プーチン氏ら政権幹部と、オルガリヒとの間で熾烈な権力闘争があった。プーチン氏は主要財閥をすべて国の統制下に置くことを強要し、恭順的な財閥には保護を与える一方、その方針に反する財閥は徹底的に弾圧した。
 多くの財閥創業者が逮捕されたり、国外に脱出しており、海外におけるロシア批判の急先鋒となっている。プーチン政権は諜報機関などを使った暗殺などを実施しているといわれ、実際、亡命ロシア人が襲撃を受けるケースが増加している。

 べレゾフスキー氏はプーチン大統領に謝罪し、帰国許可を求めていたという話もあるが、事実関係は確認されていない。また、巨額の損害賠償請求訴訟に敗訴し資金が底を突いていたという噂もある。

 - 政治, 経済

  関連記事

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

applewatch
アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上 …

no image
米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひ …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …