ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~12月期の資金循環統計によると、日本の家計部門は、年々預金の割合を高め、利回りの低い国債を減らす一方、昨年からは株式を徐々に買い始めていることが分かった。

 家計の金融資産総額は2012年12月末時点で1547兆円となり、前年同月末と比べて3.1%増加した。
 もっとも割合が高いのは現預金で、残高は約854兆円にもなる。現預金の額は毎年増加しており、デフレで先行きが不透明な中、貯金に励んでいる姿が想像できる。

 政府は国債の消化能力を懸念しており、個人向け国債をさかんにPRしてきた。だが個人は完全にそっぽを向いており、国債の保有残高は年々減少の一途を辿っている(その代わりに金融機関が大量に国債を買い支えている)。

 日本はもともと現預金の比率が高く、株式への投資が消極的という特長がある。ここ数年の株価の下落を反映して、株式の残高は急激に減少しており、2007年と比較すると半分近くまで減ってしまっている。だが2012年は投資信託と株式の残高がとうとう増加に転じた。アベノミクスへの期待感から年後半に株式を購入した個人が多いことをうかがわせる。もっとも株式も投資信託もそれぞれ約60兆円程度の残高であり、現預金に比べればまだ微々たるものだ。

 日本人は保守的で、かつその中で合理的に資産を選択しているようである。この後ろ向きのスタンスが長くデフレが続いた原因の一つでもあることから、一概にいい結果とはいえないが、日本人の特徴をよく表わしていることだけは間違いない。

 もし日本人の投資行動が合理的だとすると、客観的に見て最大のリスクは銀行が保有する国債ということになる。日本人が個人向け国債を積極的に購入していないということは、国債に魅力を感じていないか、あるいは国債はリスクが高いと感じているかのどちらかである。
 もし後者なのだとすると、国債が下落する可能性が高いと判断される事態になった場合、日本人は自らの預金をどう扱うのだろうか?キプロスのように一斉に預金を引き下ろしに走るのか、それとも大人しく我慢しているのか、結果がはっきりするような事態にならないことを祈りたいものだ(本誌記事「キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは日本における「預金封鎖」と「財産税」)参照)。

 - 経済

  関連記事

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …