ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~12月期の資金循環統計によると、日本の家計部門は、年々預金の割合を高め、利回りの低い国債を減らす一方、昨年からは株式を徐々に買い始めていることが分かった。

 家計の金融資産総額は2012年12月末時点で1547兆円となり、前年同月末と比べて3.1%増加した。
 もっとも割合が高いのは現預金で、残高は約854兆円にもなる。現預金の額は毎年増加しており、デフレで先行きが不透明な中、貯金に励んでいる姿が想像できる。

 政府は国債の消化能力を懸念しており、個人向け国債をさかんにPRしてきた。だが個人は完全にそっぽを向いており、国債の保有残高は年々減少の一途を辿っている(その代わりに金融機関が大量に国債を買い支えている)。

 日本はもともと現預金の比率が高く、株式への投資が消極的という特長がある。ここ数年の株価の下落を反映して、株式の残高は急激に減少しており、2007年と比較すると半分近くまで減ってしまっている。だが2012年は投資信託と株式の残高がとうとう増加に転じた。アベノミクスへの期待感から年後半に株式を購入した個人が多いことをうかがわせる。もっとも株式も投資信託もそれぞれ約60兆円程度の残高であり、現預金に比べればまだ微々たるものだ。

 日本人は保守的で、かつその中で合理的に資産を選択しているようである。この後ろ向きのスタンスが長くデフレが続いた原因の一つでもあることから、一概にいい結果とはいえないが、日本人の特徴をよく表わしていることだけは間違いない。

 もし日本人の投資行動が合理的だとすると、客観的に見て最大のリスクは銀行が保有する国債ということになる。日本人が個人向け国債を積極的に購入していないということは、国債に魅力を感じていないか、あるいは国債はリスクが高いと感じているかのどちらかである。
 もし後者なのだとすると、国債が下落する可能性が高いと判断される事態になった場合、日本人は自らの預金をどう扱うのだろうか?キプロスのように一斉に預金を引き下ろしに走るのか、それとも大人しく我慢しているのか、結果がはっきりするような事態にならないことを祈りたいものだ(本誌記事「キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは日本における「預金封鎖」と「財産税」)参照)。

 - 経済

  関連記事

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

todai
内閣府調査研究。大卒者、院卒者の4人に1人が学歴に見合う仕事をしていない?

 大学生や大学院生の4人に1人が教育過剰(同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …