ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活保護受給者のパチンコを制限する小野市の条例から見えてくるもの

 

 生活保護を受ける人たちがパチンコやギャンブルに浪費しているのを見つけた市民に通報を義務づけるという、兵庫県小野市の条例案が波紋を呼んでいる。

 この条例案の是非についてここでは議論しないが、むしろ興味深いのは、条例案に対する小野市民の反応である。
 小野市における議論を整理してみると、そもそもなぜ生活保護があるのかという根本的な部分について、市民の考え方と制度に大きなミスマッチがあるという実態が浮かび上がってくる。これは小野市だけの問題ではなく、日本全体にも共通したテーマである。

 小野市の条例案は、生活保護費の使途を制限し、過度にギャンブル等に浪費している受給者を見つけた場合は、市民に通報する義務を課すというもの。
 この件についての報道がされると、小野市役所には賛否のメール、電話が殺到したが、過半数が賛成だという。ということは、多くの市民が生活保護について、その資金使途を行政側で決定すべきだと考えていることになる。

 ここで重要となるのは、そもそもなぜ生活保護(社会福祉)があるのかという問題である。同じ福祉といっても、民主国家における福祉と非民主国家における福祉では、福祉に対する根本的な考え方が異なっている。

 民主国家における福祉は、最低限度の生活を送る権利が国民には存在するという権利の観点から実施される。
 原則論を言えば、あくまで権利であり義務ではないので、行政としてはその権利を保証さえすれば後は何もする必要はない。生活保護を生活費に回さずギャンブルに費やして破滅しようが本人の責任である。逆に行政側は権利を保障しているだけなので、その使途について口出しをすべきではないことになる。

 一方、民主国家ではない国の福祉は、権利ではなく、教育や更生という観点で行われる。受給者の生活をコントロールすることで自活できるように教育していくという視点である。この場合は、むしろ受給者がどのような生活を送るのかという点が重要となるため、行政は積極的に関与していくべきということになる。

 小野市の条例案に多くの市民が賛成していることや、市民に対してルールに違反した受給者を通報するよう義務付けていること、また小野市の蓬莱市長が「受給者の監視ではなく、見守りが目的」と発言していることな度を考えると、少なくとも小野市では生活保護については後者であると認識しているようである。

 日本における生活保護を中心とした福祉に関する議論は、非常に内容が偏っている。ほとんどが受給者の資金使途や生活態度などに関するものだ。
 生活保護に対してこれだけの異論が噴出する背景には、生活保護の目的と現行制度とのミスマッチが大きく影響していると考えられる。多くの国民が民主国家としての福祉を望んでいないのに、日本の現在の福祉制度は欧米の民主国家型になっているからである。
 つまり日本人は心の奥底では民主主義を望んでいないのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

yasukuni
安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉 …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …