ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、香港で波紋を呼んでいる。

 香港にはフィリピン人などを中心に約30万人のメイドが働いている。香港の法律では連続7年間香港で就労した労働者は香港の永住権取得を申請することができる。
 だがメイドなど家庭内労働者はその例外となっているため、フィリピン人のメイドであるエバンジェリン・バナオ・バレオスさんらが、裁判を起こしていた。

 香港の高等法院(高等裁判所)は2011年、バレオスさんらには永住権を取得を請求する権利があるとの判決を下した。しかし香港当局は、人口過密の香港に人々がさらに人々が押し寄せることになるとして上告していた。香港の終審法院(最高裁判所)は3月25日、永住権の申請は認められないとする判決を言い渡し、法廷での争いは終結した。

 だがこの裁判をきっかけに中国の香港統治に関する議論が再び熱を帯びてきている。この法廷闘争では、香港当局が移民問題について中国政府(全人代常務委員会)の助言を求めることを提案していたからである。
 移民問題そのものについては、香港当局側の勝利となったが、終審法院の判決は、中国政府に最終判断を仰ぐ必要性はないとの見方も示した。これは香港では大きな意味を持っている。

 香港では法の支配をめぐって、民主派と親中国派との間で激しい争いが行われている。中国寄りの立場の人は、香港は中国のものであり、香港には独立した法の支配はないと考えているが、民主派の人は、香港は独立しており、法の支配も確立されるべきだと考えている。
 現在は中国政府に直接関係のある法律については、中国当局の助言を求めるが、香港独自のものにはそれは適用しないという曖昧な状況となっている。

 だが移民問題は中国政府と直接関係するテーマであることから、今回の司法判断はある意味で香港の独立性を高めるものとなった。この判決に対する中国側の立場は明らかではないが、今後、中国と香港で法の独立をめぐって、さらにせめぎあいが激しくなることが予想される。

 - 政治

  関連記事

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …