ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

 

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフリカで首脳会議を開催した。この会議においてBRICS各国は、外貨準備とインフラプロジェクト支援を目的とした「BRICS開発銀行」を創設する計画を承認する。

 BRICS開発銀行の創設は昨年から議論が進められていた。BRICS各国が出資し、発展途上国の開発事業に対し資金融資を実施する。また、金融危機などの緊急時に活用できる外貨準備を同銀行を通じて共同で保有する。

 これまで、金融システムの安定化や途上国支援は、欧米の先進国主導で行われてきた。その中心となってきたのが、世界銀行(IBRDなど)や国際通貨基金(IMF)である。
 だが新興国の国際的な立場が高まってきたことに伴い、欧米中心主義への反発から、これらに対抗できる金融システムの構築が模索されてきた。BRICS銀行はそれに対するひとつの答えということになる。

 ただBRICS主導の国際金融システム構築を打ち出すタイミングとしては、実はあまりよい状況ではないというのも事実だ。
 BRICS各国はこれまで目覚ましい成長を遂げてきたが、ここ1~2年は成長率の鈍化が顕著になっているからだ。これまで10%台だった中国は7%台に、インドも成長率は半減している。ブラジルはほぼゼロ成長になってしまった。
 その一方で米国の回復傾向が鮮明になってきており、来年以降はむしろBRICSではなく、先進国の方が経済の機関車役になるとの見方もある。

 またBRICS内部での不協和音もある。500億ドルとも1000億ドルともいわれる拠出金の割り当てや銀行本部を設置する場所、組織の人選などについて、各国の利害が複雑に絡み合う。第二次大戦後、圧倒的な力を持つ米国主導で作られた現在の枠組みに比べると、その調整は困難を極める。

 一時は、米国主導の世界金融システムを瓦解させるかのように喧伝されたBRICSだが、現在では多様化する国際金融システムの一つとして認識するのが妥当であろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …