ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

 

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフリカで首脳会議を開催した。この会議においてBRICS各国は、外貨準備とインフラプロジェクト支援を目的とした「BRICS開発銀行」を創設する計画を承認する。

 BRICS開発銀行の創設は昨年から議論が進められていた。BRICS各国が出資し、発展途上国の開発事業に対し資金融資を実施する。また、金融危機などの緊急時に活用できる外貨準備を同銀行を通じて共同で保有する。

 これまで、金融システムの安定化や途上国支援は、欧米の先進国主導で行われてきた。その中心となってきたのが、世界銀行(IBRDなど)や国際通貨基金(IMF)である。
 だが新興国の国際的な立場が高まってきたことに伴い、欧米中心主義への反発から、これらに対抗できる金融システムの構築が模索されてきた。BRICS銀行はそれに対するひとつの答えということになる。

 ただBRICS主導の国際金融システム構築を打ち出すタイミングとしては、実はあまりよい状況ではないというのも事実だ。
 BRICS各国はこれまで目覚ましい成長を遂げてきたが、ここ1~2年は成長率の鈍化が顕著になっているからだ。これまで10%台だった中国は7%台に、インドも成長率は半減している。ブラジルはほぼゼロ成長になってしまった。
 その一方で米国の回復傾向が鮮明になってきており、来年以降はむしろBRICSではなく、先進国の方が経済の機関車役になるとの見方もある。

 またBRICS内部での不協和音もある。500億ドルとも1000億ドルともいわれる拠出金の割り当てや銀行本部を設置する場所、組織の人選などについて、各国の利害が複雑に絡み合う。第二次大戦後、圧倒的な力を持つ米国主導で作られた現在の枠組みに比べると、その調整は困難を極める。

 一時は、米国主導の世界金融システムを瓦解させるかのように喧伝されたBRICSだが、現在では多様化する国際金融システムの一つとして認識するのが妥当であろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …