ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

 

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフリカで首脳会議を開催した。この会議においてBRICS各国は、外貨準備とインフラプロジェクト支援を目的とした「BRICS開発銀行」を創設する計画を承認する。

 BRICS開発銀行の創設は昨年から議論が進められていた。BRICS各国が出資し、発展途上国の開発事業に対し資金融資を実施する。また、金融危機などの緊急時に活用できる外貨準備を同銀行を通じて共同で保有する。

 これまで、金融システムの安定化や途上国支援は、欧米の先進国主導で行われてきた。その中心となってきたのが、世界銀行(IBRDなど)や国際通貨基金(IMF)である。
 だが新興国の国際的な立場が高まってきたことに伴い、欧米中心主義への反発から、これらに対抗できる金融システムの構築が模索されてきた。BRICS銀行はそれに対するひとつの答えということになる。

 ただBRICS主導の国際金融システム構築を打ち出すタイミングとしては、実はあまりよい状況ではないというのも事実だ。
 BRICS各国はこれまで目覚ましい成長を遂げてきたが、ここ1~2年は成長率の鈍化が顕著になっているからだ。これまで10%台だった中国は7%台に、インドも成長率は半減している。ブラジルはほぼゼロ成長になってしまった。
 その一方で米国の回復傾向が鮮明になってきており、来年以降はむしろBRICSではなく、先進国の方が経済の機関車役になるとの見方もある。

 またBRICS内部での不協和音もある。500億ドルとも1000億ドルともいわれる拠出金の割り当てや銀行本部を設置する場所、組織の人選などについて、各国の利害が複雑に絡み合う。第二次大戦後、圧倒的な力を持つ米国主導で作られた現在の枠組みに比べると、その調整は困難を極める。

 一時は、米国主導の世界金融システムを瓦解させるかのように喧伝されたBRICSだが、現在では多様化する国際金融システムの一つとして認識するのが妥当であろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

ospray
オスプレイ導入の本質は自衛隊の海外展開能力。そろそろ国民的議論が必要な時期に

 新型輸送機オスプレイ運用をめぐる日米の動きが活発になってきている。米軍と海上自 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …