ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

 

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフリカで首脳会議を開催した。この会議においてBRICS各国は、外貨準備とインフラプロジェクト支援を目的とした「BRICS開発銀行」を創設する計画を承認する。

 BRICS開発銀行の創設は昨年から議論が進められていた。BRICS各国が出資し、発展途上国の開発事業に対し資金融資を実施する。また、金融危機などの緊急時に活用できる外貨準備を同銀行を通じて共同で保有する。

 これまで、金融システムの安定化や途上国支援は、欧米の先進国主導で行われてきた。その中心となってきたのが、世界銀行(IBRDなど)や国際通貨基金(IMF)である。
 だが新興国の国際的な立場が高まってきたことに伴い、欧米中心主義への反発から、これらに対抗できる金融システムの構築が模索されてきた。BRICS銀行はそれに対するひとつの答えということになる。

 ただBRICS主導の国際金融システム構築を打ち出すタイミングとしては、実はあまりよい状況ではないというのも事実だ。
 BRICS各国はこれまで目覚ましい成長を遂げてきたが、ここ1~2年は成長率の鈍化が顕著になっているからだ。これまで10%台だった中国は7%台に、インドも成長率は半減している。ブラジルはほぼゼロ成長になってしまった。
 その一方で米国の回復傾向が鮮明になってきており、来年以降はむしろBRICSではなく、先進国の方が経済の機関車役になるとの見方もある。

 またBRICS内部での不協和音もある。500億ドルとも1000億ドルともいわれる拠出金の割り当てや銀行本部を設置する場所、組織の人選などについて、各国の利害が複雑に絡み合う。第二次大戦後、圧倒的な力を持つ米国主導で作られた現在の枠組みに比べると、その調整は困難を極める。

 一時は、米国主導の世界金融システムを瓦解させるかのように喧伝されたBRICSだが、現在では多様化する国際金融システムの一つとして認識するのが妥当であろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

yanai02
絶好調のユニクロ。息子への社長世襲は時間の問題となりつつある?

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井社長は、常々「世襲はしない」と公 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …