ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結に向けた第1回目の交渉を正式にスタートさせた。

 これまで、日中韓FTAは長年にわかって検討されてきたが、なかなか実現には至らなかった。特に最近では日本と中国、韓国の間に領有権問題が発生していることなどから、実務をスタートできる状況にはなっていなかった。

 今回の交渉スタートを主導したのは中国である。中国は米国主導でアジア地域の経済連携が進むことに懸念をいだいており、日中韓FTAでアジア独自の経済圏を確立したい構えだ。日中韓の3カ国は中国が驚異的な発展をしたとはいえ、基本的な経済水準がそれぞれ異なっており、相互補完関係にある。このため、FTAの締結には経済的メリットが大きいことが予想される。

 だが日中韓FTA交渉がスムーズに進むのかは現段階では不透明である。そこにはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)という存在が横たわっているからだ。
 日本はこの3月、正式にTPPへの交渉参加を表明した。表向きは国内世論を二分する大激論をしたことになっているが、実際には米国主導のTPPへの参加はほぼ必須の状況であった。
 この状況は韓国も変わらない。韓国と米国はすでに米韓FTAを締結済みだ。だが日本がTPPへの交渉参加を表明したことで、韓国国内でもTPPへの参加について具体的な検討が始まっている。

 結局のところ、ホンネでアジア主導の経済圏を構築したいと思っているのは中国だけということになり、日中韓FTAもTPPを前に絵に描いた餅になる可能性もある。
  とはいえ、日中間にはまだまだ多くの関税障壁が残っており、交渉を進めるメリットは大きい。現時点では、米国や欧州の動向を見ながら、中国とは現実的な交渉を進めていくことになる可能性が高い。

 - 政治, 経済

  関連記事

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …