ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑とも取れる発言が物議を醸している。

 ことの発端は、リベラル系の「マザー・ジョーンズ」誌が高所得者を対象とする非公開の資金集め集会でロムニー氏の演説を隠し撮りし、映像をネット上に公開したこと。
 近しい人との非公開の集会にロムニー氏の口も緩んでしまったらしい。案の定、オバマ陣営はこの発言を槍玉に挙げて、弱者切捨てと総攻撃している。

 一部には「過激だが正論」という意見もあるようだが、ロムニー陣営にとってかなりマイナスというのがもっぱらの評価だ。
 それはロムニー氏の生い立ちに大きく関係している。
 ロムニー氏は高学歴の超エリートである。確かに自力でチャンスを勝ち取ってきた面はあるのだろうが、彼が入社したコンサルティング会社(ベイン・コンサルティング)はミシガン州知事であったパパのコネ入社である。また数百億という資産を築いたファンド運用も、自力でファンドを立ち上げたのではなく、コンサルティング会社のカンバンで行ったものだ(運用に成功したのは本当だろうが)。

 つまりロムニー氏は、実力はあるのだが、他のアメリカ人よりも圧倒的にチャンスに恵まれていた人物なのである。アメリカ人は結果としての不平等には何の文句も言わないが、機会の不平等は絶対に許さない民族である。
 この発言が、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のように100%自分の力だけで富を得た人の口から出た言葉ならまだ説得力がある。だが現実は逆で、バフェット氏は自分の子息にはビタ一文相続させないなど、むしろ機会の平等を強く主張している。

 これとは正反対にすべてが手に入る環境にあったブッシュ前大統領は、政治エリート一家の劣等生として悩み、アル中にまでなったという過去のストーリー(本当かどうかは定かではないが)が共感を呼んだ。大金持ちであるにも関わらず、白人貧困層から絶大な支持を得ている。

 ロムニー氏にはそのどちらもない。ただの裕福で頭のいいエリートという、つまらないキャラクターである。大統領選挙も終盤となっている。ロムニー氏には汚名を返上する時間はあまり残されてはいない。

 - 政治

  関連記事

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …