ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑とも取れる発言が物議を醸している。

 ことの発端は、リベラル系の「マザー・ジョーンズ」誌が高所得者を対象とする非公開の資金集め集会でロムニー氏の演説を隠し撮りし、映像をネット上に公開したこと。
 近しい人との非公開の集会にロムニー氏の口も緩んでしまったらしい。案の定、オバマ陣営はこの発言を槍玉に挙げて、弱者切捨てと総攻撃している。

 一部には「過激だが正論」という意見もあるようだが、ロムニー陣営にとってかなりマイナスというのがもっぱらの評価だ。
 それはロムニー氏の生い立ちに大きく関係している。
 ロムニー氏は高学歴の超エリートである。確かに自力でチャンスを勝ち取ってきた面はあるのだろうが、彼が入社したコンサルティング会社(ベイン・コンサルティング)はミシガン州知事であったパパのコネ入社である。また数百億という資産を築いたファンド運用も、自力でファンドを立ち上げたのではなく、コンサルティング会社のカンバンで行ったものだ(運用に成功したのは本当だろうが)。

 つまりロムニー氏は、実力はあるのだが、他のアメリカ人よりも圧倒的にチャンスに恵まれていた人物なのである。アメリカ人は結果としての不平等には何の文句も言わないが、機会の不平等は絶対に許さない民族である。
 この発言が、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のように100%自分の力だけで富を得た人の口から出た言葉ならまだ説得力がある。だが現実は逆で、バフェット氏は自分の子息にはビタ一文相続させないなど、むしろ機会の平等を強く主張している。

 これとは正反対にすべてが手に入る環境にあったブッシュ前大統領は、政治エリート一家の劣等生として悩み、アル中にまでなったという過去のストーリー(本当かどうかは定かではないが)が共感を呼んだ。大金持ちであるにも関わらず、白人貧困層から絶大な支持を得ている。

 ロムニー氏にはそのどちらもない。ただの裕福で頭のいいエリートという、つまらないキャラクターである。大統領選挙も終盤となっている。ロムニー氏には汚名を返上する時間はあまり残されてはいない。

 - 政治

  関連記事

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …