ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジャーナル紙は、交流サイト(SNS)フェイスブックの創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏が政治団体の設立準備を進めていると報じた。

 ザッカーバーグ氏が準備しているのは、移民制度改革などを目指した超党派の政治団体。すでにIT業界各社の幹部から出資を取り付け、5000万ドル(約47億円)の資金を確保した。党派性はなく、民主党と共和党の関係者もそれぞれ関与しているという。

  米国のIT企業は人材難に直面している。優秀なエンジニアは争奪戦となっており、IT企業各社は海外からの移民が増加することを強く望んでいる。ザッカーバーグ氏の団体は、「すべての移民が簡素な方法で市民権を獲得できる道を開くこと」を目指しており、これは多くの米国企業の意向を反映したものでもある。

 一方、米国の政界でも、移民制度改革が本格的に動き出す条件が整いつつある。米上院における民主、共和両党の有力議員は3月29日、包括的な移民制度改革に関する超党派提言を発表した。メンバーには共和党の重鎮で大統領候補にもなったマケイン議員や、自身もヒスパニック系で将来の大統領候補ともいわれる若手の有望株ルビオ議員などが含まれている。
 米国内には、移民の増加で仕事を奪われるという警戒論も根強いが、共和党の有力議員が動き出したことで、場合によっては一気に移民合法化に傾く可能性が出てきた。

  米国の移民政策は世界経済にも大きな影響を与える可能性がある。もし米国が現在の不法移民の合法化に舵を切れば、米国には将来にわたってさらに若年層の移民が流入してくることになり、人口増加が顕著となる。人口増加は経済成長の基礎的な原動力であり、米国は高い成長率を維持できる確率が高くなってくる。
 また諸外国の優秀な人材が米国を目指す傾向がますます強くなり、各国では自国民の人材をめぐって米国と争奪戦になる可能性もある。特に人口減少が著しい日本や、これから高齢化が急速に進展する中国にとっては頭の痛い問題となるだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

no image
米大統領選、民主党大会が開幕。初日はミシェル夫人が500ドルのドレスで演説

 民主党の全国大会がノースカロライナ州シャーロットで始まった。オバマ大統領とバイ …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …