ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなどの強硬策の実施に踏み切ったことで、欧州各地に思わぬ余波が及んでいる。また資金洗浄ルートとしてのキプロスの実像も浮かび上がってきている。

 キプロスでは、預金流出を防ぐため3月27日に包括的な金融規制を発表した。同国の銀行は金融支援の実施を受けて28日に営業を再開するが、取り付け騒ぎなどの混乱を回避するため、預金の引き出しを厳しく制限する。
 現金については上限を1日当たり300ユーロとし、国外送金も原則禁止とする。また出国者についても1000ユーロ以上の現金の持ち出しが制限され、小切手も現金化できないという。

 この影響を大きく受けているのが、スペインのリゾート地、コスタブランカだ。コスタブランカには、ロシアや東欧の富裕層が多くの不動産を保有していることで有名な場所。

 一帯にはロシア人が所有する住宅だけでなく、ロシア正教会の教会まで建っており、地域の不動産業者の多くはロシア人がいないと生計が成り立たないとまで言われている。
 だがキプロスからの送金が、その内容の如何に関わらず制限されてしまったため、不動産の決裁ができないという事態が生じている。東欧やロシアの顧客のほとんどがキプロスの銀行を経由して決済を行っているからである。

 また欧州各地でも、ロシア企業との決裁に支障が出るケースが続出しているという。不透明ではない取引であっても、ロシア企業の多くが海外決済用にキプロスの銀行口座を利用しており、これらが軒並み決済不能となっているのだ。

 ただ、ロシアや東欧からの資金は出所不明なものが多いのも事実で、銀行の機能停止によってその実態が表面化している。ロシアからの資金は脱税した資金が多く、東欧からの資金は非合法な犯罪で得たものが多いという。
 また東欧の犯罪者集団が欧州に出稼ぎにきているケースも多いと思われ、そういった資金もキプロスに集まっている可能性がある。

 リーマンショック以前、スペインの不動産価格はバブル的な水準まで高騰していた。ロシアや東欧で作られた資金が、キプロスを経由してスペインなど南欧に流れ込み、資産バブルの一部を形成していた。キプロスの金融危機からは、そんな欧州のウラ資金の流れを垣間見ることができる。

 - 政治, 経済

  関連記事

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …