ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなどの強硬策の実施に踏み切ったことで、欧州各地に思わぬ余波が及んでいる。また資金洗浄ルートとしてのキプロスの実像も浮かび上がってきている。

 キプロスでは、預金流出を防ぐため3月27日に包括的な金融規制を発表した。同国の銀行は金融支援の実施を受けて28日に営業を再開するが、取り付け騒ぎなどの混乱を回避するため、預金の引き出しを厳しく制限する。
 現金については上限を1日当たり300ユーロとし、国外送金も原則禁止とする。また出国者についても1000ユーロ以上の現金の持ち出しが制限され、小切手も現金化できないという。

 この影響を大きく受けているのが、スペインのリゾート地、コスタブランカだ。コスタブランカには、ロシアや東欧の富裕層が多くの不動産を保有していることで有名な場所。

 一帯にはロシア人が所有する住宅だけでなく、ロシア正教会の教会まで建っており、地域の不動産業者の多くはロシア人がいないと生計が成り立たないとまで言われている。
 だがキプロスからの送金が、その内容の如何に関わらず制限されてしまったため、不動産の決裁ができないという事態が生じている。東欧やロシアの顧客のほとんどがキプロスの銀行を経由して決済を行っているからである。

 また欧州各地でも、ロシア企業との決裁に支障が出るケースが続出しているという。不透明ではない取引であっても、ロシア企業の多くが海外決済用にキプロスの銀行口座を利用しており、これらが軒並み決済不能となっているのだ。

 ただ、ロシアや東欧からの資金は出所不明なものが多いのも事実で、銀行の機能停止によってその実態が表面化している。ロシアからの資金は脱税した資金が多く、東欧からの資金は非合法な犯罪で得たものが多いという。
 また東欧の犯罪者集団が欧州に出稼ぎにきているケースも多いと思われ、そういった資金もキプロスに集まっている可能性がある。

 リーマンショック以前、スペインの不動産価格はバブル的な水準まで高騰していた。ロシアや東欧で作られた資金が、キプロスを経由してスペインなど南欧に流れ込み、資産バブルの一部を形成していた。キプロスの金融危機からは、そんな欧州のウラ資金の流れを垣間見ることができる。

 - 政治, 経済

  関連記事

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …