ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変更するよう経済界に要請する方針を固めた。
 産経新聞の報道によると、現在、経団連が会員企業に早期採用を自粛するよう呼びかけている「倫理憲章」の改定を求めるという。就職活動に奪われていた時間を本来の学習に使えるようにし、即戦力となる社会人を育てる。6月にまとめる成長戦略にも反映させる意向だという。

 現在、大学生を対象にした採用活動の解禁は3年生の12月となっている。これを4年生の4月に遅らせ、面接や筆記試験の実施は4年生の8月以降とする。学生の就職活動が早期化し、学生の負担になっている現状を見直す。

 だがこの措置は「いつか来た道」であり、問題の抜本的解決にはならない可能性が高い。
 かつてバブル経済の時代、就職市場は完全な売り手優位であった。企業は「いい大学」の人材をできるだけ確保しようと、採用活動はどんどん早期化した。学生も志望企業からの内定をできるだけ早く貰いたいとの思いから3年生のうちから、事実上の採用につながるOB訪問を行うケースが続出した(青田買いと呼ばれた)。
 当時は企業と大学で「就職協定」というものが結ばれており、会社訪問の解禁日を設けていたが、これは完全に有名無実であった。

 新聞やテレビは、協定を守らない企業を激しく非難していたが、協定無視の採用活動にもっとも積極的だったのが大手マスコミというのが現実だったのである。

 企業の就職活動は、状況こそ異なるとはいえ、30年前も今も大きな社会問題である。つまり日本企業の採用をめぐる状況は30年間何も変わっていないのである。
 その根本的な原因は、終身雇用が保障された正社員という枠を、新卒一括採用で確保するという日本企業の雇用慣行にあることは明らかである。

 日本社会では、企業の正社員になり終身雇用が保障された人と、その枠に入れなかった人とでは、それこそ天と地ほどの違いになる。雇用が流動化されていれば、途中で人材の入れ替わりがあるが、実質的にそのような機会はない。新卒での就職には一生がかかっているのだ。

 このような状況では、いくら建前を並べたところで、本質的な解決にならないのは明らかだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …