ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の2012年12月期の決算は、経常利益が前期比14%減の237億円となり、7年ぶりに経常減益となった。同社の原田会長は販売促進戦略の選択と集中を実施することで長期成長を実現するとの方針を説明した。

 原田氏は、アップル日本法人のトップから業績不振のマクドナルドに転じ、同社をV字回復させ増益を続けてきた実績がある。
 同社の連続増益がストップしたことで、新聞や経済誌は、原田社長の決算が発表された先月から「原田マジックが終わった」といったトーンで一斉に同社の減益を報じている。

 日本では経営者が高い業績を上げると、神通力があるかのような持ち上げ方を行い、ひとたび業績の伸びが鈍化すると「マジックが通じなくなった」という評価に変わる。
 原田氏は本当に神通力を持ち合わせた経営者なのだろうか?そして、その神通力は通用しなくなってしまったのだろうか?ここは冷静が評価が必要であろう。

 原田氏がトップに就任した2004年当時の同社は売上が低迷し赤字に転落していた。原田氏は就任早々、売上はまだまだ伸ばせるブチ上げたが、当時は誰も信用しなかった。だが結果をみれば、就任8年目となる今期の売上は就任時の1.3倍になっている。
 原田氏が売り上げ増加をブチ上げたのは何も預言者だからではない。全世界のハンバーガー売り上げと各国のGDPを比較し、日本ではまだ市場が伸びる余地があると、冷静に分析してしただけだ。

 また増益を続けた背景も神ががったことをしたわけではない。同社の店舗は直営店とフランチャイズ店に分かれているが、原田氏は不採算のフランチャイズ店を次々に閉鎖し体力のある事業者に集約、ロイヤリティ収入を拡大させた。直営店の比率を下げ、高収益のフランチャイズ店を拡大させるというやり方で、本体の利益を増大させてきたのである。これもある意味で教科書通りの経営手法といえる。

 原田氏が評価に値する経営者なのだとすると、それは天才的マジックを持っているとことではなく、どんなに批判されても、経営者としてやるべき仕事を淡々とやり抜いた点であろう。
 原田氏は業績の回復と連続増益を達成し、株価をボトムから1.7倍にした。マジックなどではなく、まっとうなに評価されてよい経営者である。

 - 経済

  関連記事

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …