ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の2012年12月期の決算は、経常利益が前期比14%減の237億円となり、7年ぶりに経常減益となった。同社の原田会長は販売促進戦略の選択と集中を実施することで長期成長を実現するとの方針を説明した。

 原田氏は、アップル日本法人のトップから業績不振のマクドナルドに転じ、同社をV字回復させ増益を続けてきた実績がある。
 同社の連続増益がストップしたことで、新聞や経済誌は、原田社長の決算が発表された先月から「原田マジックが終わった」といったトーンで一斉に同社の減益を報じている。

 日本では経営者が高い業績を上げると、神通力があるかのような持ち上げ方を行い、ひとたび業績の伸びが鈍化すると「マジックが通じなくなった」という評価に変わる。
 原田氏は本当に神通力を持ち合わせた経営者なのだろうか?そして、その神通力は通用しなくなってしまったのだろうか?ここは冷静が評価が必要であろう。

 原田氏がトップに就任した2004年当時の同社は売上が低迷し赤字に転落していた。原田氏は就任早々、売上はまだまだ伸ばせるブチ上げたが、当時は誰も信用しなかった。だが結果をみれば、就任8年目となる今期の売上は就任時の1.3倍になっている。
 原田氏が売り上げ増加をブチ上げたのは何も預言者だからではない。全世界のハンバーガー売り上げと各国のGDPを比較し、日本ではまだ市場が伸びる余地があると、冷静に分析してしただけだ。

 また増益を続けた背景も神ががったことをしたわけではない。同社の店舗は直営店とフランチャイズ店に分かれているが、原田氏は不採算のフランチャイズ店を次々に閉鎖し体力のある事業者に集約、ロイヤリティ収入を拡大させた。直営店の比率を下げ、高収益のフランチャイズ店を拡大させるというやり方で、本体の利益を増大させてきたのである。これもある意味で教科書通りの経営手法といえる。

 原田氏が評価に値する経営者なのだとすると、それは天才的マジックを持っているとことではなく、どんなに批判されても、経営者としてやるべき仕事を淡々とやり抜いた点であろう。
 原田氏は業績の回復と連続増益を達成し、株価をボトムから1.7倍にした。マジックなどではなく、まっとうなに評価されてよい経営者である。

 - 経済

  関連記事

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …