ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が200%を超える状態は持続不可能である」と述べ、国債に対する信任を維持することは極めて重要との見解を示した。

 また日銀の大胆な緩和策が、財政ファイナンスにつながるとの指摘については、「中央銀行の信任に影響するので、財政ファイナンスになることはしない」と否定した。
 かねてから否定している外債の購入については、円売り介入 と判断される可能性があるため、現状では困難との見方をあらためて示した。

 黒田氏の一連の答弁は、非常に教科書的で整合性が取れている。だが、黒田氏の金融政策が完全にイメージ先行であることも浮き彫りになった。

 これまでにない次元で緩和策を拡大し、政府が財政出動を強化していけば、望むと望まざるとに関わらず、日銀による財政ファイナンスを進めることになってしまう。結局のところ、従来のように量的緩和策を小出しにしていくか、政府の国債発行を縮小するしかそれを避ける方法はない。

 黒田氏はもちろんこのことをよく理解している。現在の日本で本当に異次元の量的緩和を行えば大変危険であることは承知したうえで、それを行わず市場に対するイメージだけで、緩和策に似た効果を出すことができるかを考えているはずである。

 市場では日銀の新体制によって一気にインフレが進行し、物価上昇と国債価格の下落を制御できなくなる可能性を指摘する声もあるが、黒田氏はあまり心配していないだろう。
 発言の大胆さから皆、そのことを忘れているが、黒田氏は主流派ではないにせよれっきとした財務官僚である。財務官僚のほとんどは増税によって財政を均衡させる財政均衡論者である。

 もしインフレが急激に進行したり、国債価格が暴落するようなら、というよりもそうならないように、財務省は今後、矢継ぎ早にあらゆる増税策を繰り出してくるだろう。現在の財政が持続不可能という黒田氏の発言は、むしろこれから訪れる大増税時代の地ならしであり、財務省の意向を受けたものと考えた方がよいだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …