ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が200%を超える状態は持続不可能である」と述べ、国債に対する信任を維持することは極めて重要との見解を示した。

 また日銀の大胆な緩和策が、財政ファイナンスにつながるとの指摘については、「中央銀行の信任に影響するので、財政ファイナンスになることはしない」と否定した。
 かねてから否定している外債の購入については、円売り介入 と判断される可能性があるため、現状では困難との見方をあらためて示した。

 黒田氏の一連の答弁は、非常に教科書的で整合性が取れている。だが、黒田氏の金融政策が完全にイメージ先行であることも浮き彫りになった。

 これまでにない次元で緩和策を拡大し、政府が財政出動を強化していけば、望むと望まざるとに関わらず、日銀による財政ファイナンスを進めることになってしまう。結局のところ、従来のように量的緩和策を小出しにしていくか、政府の国債発行を縮小するしかそれを避ける方法はない。

 黒田氏はもちろんこのことをよく理解している。現在の日本で本当に異次元の量的緩和を行えば大変危険であることは承知したうえで、それを行わず市場に対するイメージだけで、緩和策に似た効果を出すことができるかを考えているはずである。

 市場では日銀の新体制によって一気にインフレが進行し、物価上昇と国債価格の下落を制御できなくなる可能性を指摘する声もあるが、黒田氏はあまり心配していないだろう。
 発言の大胆さから皆、そのことを忘れているが、黒田氏は主流派ではないにせよれっきとした財務官僚である。財務官僚のほとんどは増税によって財政を均衡させる財政均衡論者である。

 もしインフレが急激に進行したり、国債価格が暴落するようなら、というよりもそうならないように、財務省は今後、矢継ぎ早にあらゆる増税策を繰り出してくるだろう。現在の財政が持続不可能という黒田氏の発言は、むしろこれから訪れる大増税時代の地ならしであり、財務省の意向を受けたものと考えた方がよいだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

boukusikibetuken
中国が防空識別圏を設定した理由は、政治的なものか軍事的なものか?

 中国政府は11月23日、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したと発表し …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …