ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オセロ中島。マインドコントロール解けず松竹を退社。悩みの原因はやはり松嶋の独立?

 

 占い師との同居や家賃滞納などの騒ぎを起こしていた、女性お笑いコンビ「オセロ」の中島知子が、所属事務所の松竹芸能を退社することになった。事務所からの退社によって、オセロは事実上解散ということになる。

 中島は2005年頃から占い師の女性と親しくなり、中島の高級マンションで同居するようになった。やがて自宅に引きこもり、仕事を放棄したり、600万円もの家賃を滞納する騒ぎとなり、結局、中島の親族や弁護士などが保護することになった。
 仕事を完全放棄する直前の中島は、見るからにやる気がなく、生放送ではない録画番組においても、視聴者が見て分かるくらい露骨に不機嫌そうな表情をしていた。

 中島が仕事を放棄するようになった理由は、いろいろと取り沙汰されてるが、相方である松嶋尚美の独立問題が大きく影響しているのはほぼ間違いないといわれる。

 松嶋は松竹芸能所属という形は維持しつつも、個人会社として松竹芸能と契約することが認められているが、中島は従来の所属タレント契約のままであった。
 タレントが個人事務所を持つと、税金面などで自由度が増すためメリットが大きい。松嶋の独立に際しては、事務所の有力幹部や大先輩である笑福亭鶴瓶も関与しており、中島から見れば、事務所全体からサポートされているように見えたのかもしれない。

 中島は保護された後も、女性占い師によるマインドコントロールがまったく解けてない状況が続いているといわれる。今でも占い師を擁護する発言を繰り返し、周囲には、女性占い師を歌手デビューさせたいと懇願しているという。

 松竹としては、当初から時期を見て中島を復帰させる方針であり、一定の休養期間を経て仕事を再開する段取りを組んでいた。だが中島は松竹芸能での活動を望んでおらず、結局、両者の溝は埋まらなかった。

 中島は今後、単独で芸能界復帰を目指す方針だというが、現実はかなり厳しいと思われる。中島を使う局やクライアントはあるかもしれないが、以前のような活躍は難しいというのが大方の見方だ。
 単独の出演オファーも多く、松嶋よりもむしろ順調に見えた中島だったが、何がそこまで彼女を変えてしまったのだろうか?これは本人にしか分からない問題なのかもしれない。

 - 芸能

  関連記事

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

murakami
今年もノーベル賞を逃した村上春樹って、そんなにスゴイ作家なの?

 毎年ノーベル文学賞の最有力候補といわれながら、今年も受賞を逃した作家の村上春樹 …

mikuni
故三国連太郎の女性遍歴は、彼の「アレ」が小さかったことが原因?

 「飢餓海峡」「釣りバカ日誌」などに出演し、風格のある演技で知られた俳優の三国連 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …