ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月29日、参院本会議で可決成立した。

 子宮頸がんワクチンの定期接種化については、一部から懸念の声が上がっている。理由のひとつは副作用である。
 一部ではあるが、ワクチン接種後に重い歩行困難になったケースや全身に痛みが広がるなどのケースが報告されている。
 また子宮頸がんの原因となるウイルスのすべてにワクチンが対処できるわけではないことから、費用対効果が十分ではないとの意見もある。

  一方、子宮頸がんは性感染症であり、ワクチンで予防することができる数少ないガンであるのも事実。一定の予防効果があるものは定期接種の対象にする意味があるとの考えにも一理はある。

 子宮頸がんのワクチンに限らず、予防接種には一定の割合で副作用が発生する。ワクチンの利用者は副作用のリスクと罹患する確率を総合的に検討し、最終的には本人の自由意思で決定するのが本来の姿である。

 今回のワクチン定期接種化について懸念の声が多く上がっているのは、副作用があるからという理由だけではなさそうだ。副作用や費用対効果に疑問の声があるにも関わらず、法制化の手続きが非常に拙速というところに最大の原因があると思われる。
 子宮頸がんの患者数は年間約8000人、死亡者数は約2500人とかなり少ない。副作用のリスクを考えると、一定割合の人が摂取を望まないであろうことは容易に想像できる。副作用が本当にどの程度重篤なのか、もう少し時間をかけて検討し、情報を開示していけば、より多くの人を納得させることができたはずである。

 今回の子宮頸がんワクチンの導入は、実は永田町の世界でもちょっとした話題になっていた。ワクチンの製造メーカーである海外の製薬会社が、専門家を雇って米国型の本格的なロビー活動を行った珍しいケースといわれているからである。法制化のスピードが速いのは、このような事情があるとのうがった見方も一部には存在している。

 日本ではロビー活動にネガティブなイメージがあるが、活動自体は悪いことではない。それぞれの立場の人が、それぞれに自説を主張すればよいだけだ。
 ただし、立法化の過程でどのような議論がなされたのか、透明性を確保することだけは絶対に守られなければならない。最終的に判断するのは国民なのである。

 - 政治, 社会

  関連記事

matsuzawa
松沢・前神奈川県知事が都知事選に出馬を表明。だが前回の都知事選での失態はイタい

 前神奈川県知事の松沢成文氏が8日午後、都庁で記者会見を行い、12月に行われる東 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

amarikaiken
甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、 …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …