ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月29日、参院本会議で可決成立した。

 子宮頸がんワクチンの定期接種化については、一部から懸念の声が上がっている。理由のひとつは副作用である。
 一部ではあるが、ワクチン接種後に重い歩行困難になったケースや全身に痛みが広がるなどのケースが報告されている。
 また子宮頸がんの原因となるウイルスのすべてにワクチンが対処できるわけではないことから、費用対効果が十分ではないとの意見もある。

  一方、子宮頸がんは性感染症であり、ワクチンで予防することができる数少ないガンであるのも事実。一定の予防効果があるものは定期接種の対象にする意味があるとの考えにも一理はある。

 子宮頸がんのワクチンに限らず、予防接種には一定の割合で副作用が発生する。ワクチンの利用者は副作用のリスクと罹患する確率を総合的に検討し、最終的には本人の自由意思で決定するのが本来の姿である。

 今回のワクチン定期接種化について懸念の声が多く上がっているのは、副作用があるからという理由だけではなさそうだ。副作用や費用対効果に疑問の声があるにも関わらず、法制化の手続きが非常に拙速というところに最大の原因があると思われる。
 子宮頸がんの患者数は年間約8000人、死亡者数は約2500人とかなり少ない。副作用のリスクを考えると、一定割合の人が摂取を望まないであろうことは容易に想像できる。副作用が本当にどの程度重篤なのか、もう少し時間をかけて検討し、情報を開示していけば、より多くの人を納得させることができたはずである。

 今回の子宮頸がんワクチンの導入は、実は永田町の世界でもちょっとした話題になっていた。ワクチンの製造メーカーである海外の製薬会社が、専門家を雇って米国型の本格的なロビー活動を行った珍しいケースといわれているからである。法制化のスピードが速いのは、このような事情があるとのうがった見方も一部には存在している。

 日本ではロビー活動にネガティブなイメージがあるが、活動自体は悪いことではない。それぞれの立場の人が、それぞれに自説を主張すればよいだけだ。
 ただし、立法化の過程でどのような議論がなされたのか、透明性を確保することだけは絶対に守られなければならない。最終的に判断するのは国民なのである。

 - 政治, 社会

  関連記事

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

letta
イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた

 混迷するイタリアの政局に終止符が打たれる可能性が出てきた。退任予定だったナポリ …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

freedom
米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポー …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …