ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月29日、参院本会議で可決成立した。

 子宮頸がんワクチンの定期接種化については、一部から懸念の声が上がっている。理由のひとつは副作用である。
 一部ではあるが、ワクチン接種後に重い歩行困難になったケースや全身に痛みが広がるなどのケースが報告されている。
 また子宮頸がんの原因となるウイルスのすべてにワクチンが対処できるわけではないことから、費用対効果が十分ではないとの意見もある。

  一方、子宮頸がんは性感染症であり、ワクチンで予防することができる数少ないガンであるのも事実。一定の予防効果があるものは定期接種の対象にする意味があるとの考えにも一理はある。

 子宮頸がんのワクチンに限らず、予防接種には一定の割合で副作用が発生する。ワクチンの利用者は副作用のリスクと罹患する確率を総合的に検討し、最終的には本人の自由意思で決定するのが本来の姿である。

 今回のワクチン定期接種化について懸念の声が多く上がっているのは、副作用があるからという理由だけではなさそうだ。副作用や費用対効果に疑問の声があるにも関わらず、法制化の手続きが非常に拙速というところに最大の原因があると思われる。
 子宮頸がんの患者数は年間約8000人、死亡者数は約2500人とかなり少ない。副作用のリスクを考えると、一定割合の人が摂取を望まないであろうことは容易に想像できる。副作用が本当にどの程度重篤なのか、もう少し時間をかけて検討し、情報を開示していけば、より多くの人を納得させることができたはずである。

 今回の子宮頸がんワクチンの導入は、実は永田町の世界でもちょっとした話題になっていた。ワクチンの製造メーカーである海外の製薬会社が、専門家を雇って米国型の本格的なロビー活動を行った珍しいケースといわれているからである。法制化のスピードが速いのは、このような事情があるとのうがった見方も一部には存在している。

 日本ではロビー活動にネガティブなイメージがあるが、活動自体は悪いことではない。それぞれの立場の人が、それぞれに自説を主張すればよいだけだ。
 ただし、立法化の過程でどのような議論がなされたのか、透明性を確保することだけは絶対に守られなければならない。最終的に判断するのは国民なのである。

 - 政治, 社会

  関連記事

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

shukinpei06
中国共産党が今度は人民解放軍幹部の党籍を剥奪。習氏への権力集中は完成段階に

 中国共産党は2014年6月30日、政治局会議を開催し、人民解放軍幹部の徐才厚・ …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …