ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステニス」を、アジア地域に移動させたことが明らかとなった。北朝鮮に対する圧力を強化するのが狙いとみられる。

 北朝鮮が米韓に対して挑発行為を繰り返していることから、米軍はB52爆撃機やB2ステルス爆撃機を韓国との共同演習に参加させ、北朝鮮に対する圧力を目に見える形で強化している。今回の空母展開もその延長線上にある動きと考えてよい。

 北朝鮮と米韓の軍事的緊張が高まっているのは事実だが、安全保障の問題は奥が深い。表面的に見える動きとそうではない動きが複合的に絡み合い事態が進んでいくのが常である。今回の北朝鮮との緊張の高まりは、別な視点でも解釈することができる。それは米軍の中東からの撤退である。

 二期目を迎えたオバマ大統領は、米国の安全保障政策を大きく転換させるという野心を持っている。その内容は、中東を最重要視する従来の戦略を改め、アジアに軍事力をシフトさせるというものだ。
 だがそれを実行するためには、政治的に非常に高いハードルを越えなければならない。米国とイスラエルの関係である。
 米国はイスラエルの建国後、一貫してイスラエルを支持してきた。米国内においてユダヤ系ロビー団体の政治力が大きいことに加え、中東の石油を安全に確保するためには、強力な米国の同盟国が中東に必要だからである。中東での緊張状態の持続が会社の利益になる防衛産業の意向もある。

 だが最近では、アラブ諸国と対立し続けるイスラエルの存在が必ずしも米国の国益に合致しなくなってきている。またシェールガスの開発で米国が中東の石油に対する依存度が激減するとの予測もそれを後押している。

 従来、米国は中東地域に空母を2隻常駐させていた。だが「アイゼンハワー」が修理のため本国に帰還したことから、「ジョン・C・ステニス」1隻のみの体制となっていた。アイゼンハワーの修理が完了すれば、再び2隻体制とする予定だったが、北朝鮮問題の勃発で1隻をアジア地域に展開しなければならなくなった。最終的にはアイゼンハワーを中東に戻し、ステニスをアジア地域に展開することになり、中東の空母は事実上1隻のまま推移している。

 結果としてなのか、意図的なのかは別として、北朝鮮問題は、米軍の中東でのプレゼンスを大幅に低下させている。この動きは、最終的にはイランとの和解の方向性につながってくるかもしれない。
 一方の軍事的緊張は他方の軍事的緊張緩和をもたらす可能性がある。北朝鮮問題に対しては複眼的見方が必要だ。

 - 政治

  関連記事

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

kaieda
民主党の代表選に海江田氏が「比例復活」の状態でも出馬するワケ

 民主党は22日に実施する代表選に、同党の海江田万里元経済産業相が立候補を決めた …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …