ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が強い答えた人(「非常に強い」「どちらかといえば強い」の合計)は前年に比べ2.6ポイント増え 58.0%となり過去最高を記録した。また愛国心をもっと育てる必要について79.8%の人が「そう思う」と答えている。

 愛国心が強いと答えた人の割合が上がっているのは、尖閣諸島問題や憲法改正論議などが影響していると考えられる。だが長期的な傾向を見ると、また別の傾向も見えてくる。

 愛国心が強いと答えた人の割合は1990年代半ば以降、一貫して低下しており、2002年には46.4%になった。だが2003年以降、割合が急上昇を始め、2007年以降は55%前後の数値が続いている。確かに2013年は過去最高の数値となったが、大きな流れで見れば、ここ数年間は、かなり高いレベルで推移してきているといってよい。

 愛国心に関する調査結果の数値は、日本の国際競争力や経済水準と密接に関係している。90年代前半はバブルが崩壊したとはいえ、日本企業の競争力は過去最高水準であり、貿易黒字も大きかった。生活が豊かなので、プライベートな部分に関心が向いていた可能性が高い。

 だが2000年を過ぎたあたりから日本経済の状況が怪しくなり、2003年にはとうとう金融危機直前まで追い込まれた。小泉内閣において「構造改革をしなければ日本は沈没する」と議論されていたのもちょうどこの頃である。
 日本はその後、構造改革路線を否定し、従来路線を踏襲する選択をしたが、デフレが顕著になり生活水準は低下していった。それと歩調を合わせるように、愛国心が強いという人の割合が増加してきているのだ。マスメディアにおいても「日本企業の底力」というような特集をよく目にするようになってきた。

 このように見てみると、愛国心に関する国民の姿勢は案外現金なものであることが分かる。景気がよく私生活が充実していると、愛国心にはあまり関心が向かず、景気が悪く、生活水準が下がってくると、愛国心が盛り上がってくる。
 ちなみに、愛国心を育成するような教育をすべきだという人の割合は、どのような時代でもあまり変化しておらず、1991年当時でも77%の数字となっている。やはり実際に愛国心を感じるかどうかは、豊かさと反比例の関係にあるようだ。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

influ
米国でインフルエンザ大流行。米マスコミの感染予防報道には学ぶべき点が多い

 米国でインフルエンザが大流行している。全米の30近くの州で例年をはるかに上回る …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …