ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造業とも景況感が改善しているが、中小企業の製造業は逆に悪化していることが明らかとなった。

 企業の景況感を示す業況判断指数(DI=「良い」から「悪い」を引いた割合)は、製造業(大企業)でマイナス8となり、前回調査(12月)のマイナス12から4ポイント改善した。非製造業は(大企業)のDIはプラス6で、前回より2ポイント改善している。

 大企業についてみれば、非製造業は景況感が良好、大企業はそれほどではないが、着実に改善しているといった状況といえる。

 一方、中堅中小企業の景況感は逆に悪化している。特に製造業の状況がひどく、 中堅企業はマイナス14、中小企業はマイナス19となっている。ただ非製造業については、前回よりも上昇している。
 全体としてみれば、非製造業は着実に状況が改善しているが、製造業は大企業しか改善の傾向が見られないということになる。

 今回の短観の結果は、おおよそ想定の範囲内と受け止められている。一足先に発表された法人企業景気予測調査の結果が、ほぼ同様の内容だったからである。

 非製造業が好調なのは、アベノミクス効果に伴う株高で、企業心理が上向いていることが原因とみられる。一方、製造業の状況がよくないのは、自動車産業以外の分野では、設備投資に対する意欲がまったく伸びていないからだ。また頼みの綱であった中国からの受注が減少の一途を辿っていることも大きい。

 中国は巨大市場なので、莫大な需要があるというのは実は幻想である。リーマンショック以前、中国向けの輸出が好調だったのは、道路などのインフラ建設がすさまじい勢いで実施されていたことと、中国で組み立てられた製品が北米市場に再輸出されていたからである。
 中国は最終消費地としてはまだまだ途上であり、結局のところ、インフラ建設と米国への再輸出がなければ、日本から中国への輸出は伸びない。

 中国は高度成長の時代が終了し、政権交代をきっかけに、従来のようなインフラ建設は縮小されていくとの見方が大半である。日本の製造業の景況感が改善するためには、現在回復基調が鮮明になっている米国が、さらに輸入を増やすことが重要となる。結局、アベノミクスも最後は米国頼みなのである。

 - 経済

  関連記事

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …