ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンになる頻度が高いという研究結果がフランスで報道され、波紋を呼んでいる。

 フランスの大学研究チームが、遺伝子組み換えのトウモロコシを飼料としてラットに与え、2年間飼育したところ、通常のラットに比べて死亡率や発ガン率が2倍から3倍高かったというもの。

 遺伝子組み換え食品については、その安全性について疑問の声が出ているが、食の安全は政治的な材料にもなるため、推進派、否定派の両者から様々な見解が入り乱れる状態となっている。

 今回の研究結果も、結果が正しいのかどうかはともかくとして、政治的色合いは強い。

 まず遺伝子組み換え飼料として用いられているのは米モンサント社のNK603というトウモロコシ。しかもこの研究ではNK603に加えて除草剤も使用しているのだが、その除草剤は同じく米モンサント社のもの。つまりこの研究はモンサント社を強く意識したものとなっている。

 では米モンサント社とはどんな会社なのか?

 米モンサント社は知る人ぞ知る、遺伝子組み換え作物で圧倒的な影響力を持つバイオメーカーである。しかも、同社はベトナム戦争の枯葉剤を製造したことでも有名だ。研究で使用されたモンサントの除草剤「ラウンドアップ」は実はベトナム戦争の枯葉剤がベースになっているのだ。
 同社は、枯葉剤でベトナムのジャングルを枯らしまくって急成長し、今度は遺伝子組み換え食品で世界を席巻するという、なかなかエグい企業なのである。当然、米国政府には同社の利権が網の目のように張り巡らされている。

 多くの人にとって遺伝子組み換え食品は、できれば避けたいものに違いない。だが一方で、安価な食材を安定供給することがグローバルに求められているのも事実であり、世界の食料は米国に大きく依存しているというのもまた事実である。日本においても、同社の動向はTPP交渉と密接に関係している。

 したがって、モンサントのような会社は必ず現れてくるものであり、同社を排除してもまた次のモンサントが登場してくるだけだ。

 我々日本人は、この厳しい現実を直視し、その上でどうするのかを考えなければならない。感情的な排斥だけではこの問題は解決しない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

netaniyafunageki
イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派 …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …