ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事をめぐって、敗退したプロ棋士佐藤慎一四段のブログが荒れているという。

 佐藤騎士は2013年3月30日に行われた将棋ソフト「ponanza(ポナンザ)」との公式戦に臨んだ。一時は有利に進んだ局面もあったが、10時間の対局を経て141手でコンピュータの勝利となった。
 前日には「ロクな形勢判断もできないコンピューターを叩き潰せ」と意気軒高だったが、対局後は「強いと思った」と負けを認めた。

 だが佐藤騎士のブログには、「自分の発言を反省してほしい」「プロって雑魚」「二度とプロを名乗らないで下さい」などの厳しいコメントが相次いでいるという。
 ブログでのコメントが世論の総意とは限らないが、今回の対局は、コンピュータに対する人間の優位を信じたいという、日本人のメンタリティを浮き彫りにしたという意味で非常に興味深い。

 現在のコンピュータは、初期のマシンから比べると数万倍の性能があり、パターンが決まった規則性の高い演算では、人間の能力など遥かに超えている。
 米国ではチェスの世界チャンピオンがIBMのコンピュータ「ビックブルー」に敗れたのは1997年であり、もう16年も前の話だ。現在はコンピュータの性能はさらに向上しており、クイズに答えることもできる。2011年にはクイズ番組で人間と対決し、コンピュータが勝利している。

 日本では、現役のプロ棋士が公式戦でコンピューターに敗戦するのは初めてということで、ショックが大きかったようである。だが世界の先端から比べると、この出来事は20年近くも遅れていることなのだ。
 日本はかつてロボット先進国といわれていたが、現在では完全に諸外国に遅れを取っている。企業におけるIT活用も、先進国中では最も低いレベルにとどまっているのも、こういった精神面が大きく作用しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …

kiki
樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

kouganzai
高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果 …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …