ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事をめぐって、敗退したプロ棋士佐藤慎一四段のブログが荒れているという。

 佐藤騎士は2013年3月30日に行われた将棋ソフト「ponanza(ポナンザ)」との公式戦に臨んだ。一時は有利に進んだ局面もあったが、10時間の対局を経て141手でコンピュータの勝利となった。
 前日には「ロクな形勢判断もできないコンピューターを叩き潰せ」と意気軒高だったが、対局後は「強いと思った」と負けを認めた。

 だが佐藤騎士のブログには、「自分の発言を反省してほしい」「プロって雑魚」「二度とプロを名乗らないで下さい」などの厳しいコメントが相次いでいるという。
 ブログでのコメントが世論の総意とは限らないが、今回の対局は、コンピュータに対する人間の優位を信じたいという、日本人のメンタリティを浮き彫りにしたという意味で非常に興味深い。

 現在のコンピュータは、初期のマシンから比べると数万倍の性能があり、パターンが決まった規則性の高い演算では、人間の能力など遥かに超えている。
 米国ではチェスの世界チャンピオンがIBMのコンピュータ「ビックブルー」に敗れたのは1997年であり、もう16年も前の話だ。現在はコンピュータの性能はさらに向上しており、クイズに答えることもできる。2011年にはクイズ番組で人間と対決し、コンピュータが勝利している。

 日本では、現役のプロ棋士が公式戦でコンピューターに敗戦するのは初めてということで、ショックが大きかったようである。だが世界の先端から比べると、この出来事は20年近くも遅れていることなのだ。
 日本はかつてロボット先進国といわれていたが、現在では完全に諸外国に遅れを取っている。企業におけるIT活用も、先進国中では最も低いレベルにとどまっているのも、こういった精神面が大きく作用しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kenshokin
遠隔操作ウイルス事件に懸賞金!Webで技術情報なども公開

 警察庁は12日、遠隔操作ウイルス事件について懸賞金を出すことを決定した。懸賞金 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …