ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事をめぐって、敗退したプロ棋士佐藤慎一四段のブログが荒れているという。

 佐藤騎士は2013年3月30日に行われた将棋ソフト「ponanza(ポナンザ)」との公式戦に臨んだ。一時は有利に進んだ局面もあったが、10時間の対局を経て141手でコンピュータの勝利となった。
 前日には「ロクな形勢判断もできないコンピューターを叩き潰せ」と意気軒高だったが、対局後は「強いと思った」と負けを認めた。

 だが佐藤騎士のブログには、「自分の発言を反省してほしい」「プロって雑魚」「二度とプロを名乗らないで下さい」などの厳しいコメントが相次いでいるという。
 ブログでのコメントが世論の総意とは限らないが、今回の対局は、コンピュータに対する人間の優位を信じたいという、日本人のメンタリティを浮き彫りにしたという意味で非常に興味深い。

 現在のコンピュータは、初期のマシンから比べると数万倍の性能があり、パターンが決まった規則性の高い演算では、人間の能力など遥かに超えている。
 米国ではチェスの世界チャンピオンがIBMのコンピュータ「ビックブルー」に敗れたのは1997年であり、もう16年も前の話だ。現在はコンピュータの性能はさらに向上しており、クイズに答えることもできる。2011年にはクイズ番組で人間と対決し、コンピュータが勝利している。

 日本では、現役のプロ棋士が公式戦でコンピューターに敗戦するのは初めてということで、ショックが大きかったようである。だが世界の先端から比べると、この出来事は20年近くも遅れていることなのだ。
 日本はかつてロボット先進国といわれていたが、現在では完全に諸外国に遅れを取っている。企業におけるIT活用も、先進国中では最も低いレベルにとどまっているのも、こういった精神面が大きく作用しているのかもしれない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

no image
英国在住のイラク人がフランス国内で自動小銃で射殺。様々な憶測を呼ぶ

 フランス南部、アルプス山脈のアヌシー湖付近で、自動車の車内外 から男性2人と女 …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

basuke
一連の体罰問題。内容は全く違うが、社会的な構造はインドの「あの事件」と類似している

 大阪市立桜宮高校で男子生徒が自殺した事件に端を発した体罰問題は、全国各地で告発 …