ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウル市が勧めてきた健康調査の結果が明らかになった。韓国KBSが報じている。

 調査では、汚染が発見された地区の約100人が被曝していることが明らかになり、被ばく線量は年間4.7ミリシーベルトとかなり高い数値となっている。

 ソウルの放射能問題が発覚したのは昨年11月。政府はとにかく面倒を避けたいのか勝手に安全宣言を出したが、住民が納得せず、ソウル市が調査を行うことになった。
 その間、アスファルトは道路から撤去されたものの、処理施設には送られず、放射能を出したまま公園にしばらく放置され、再度社会問題になっていた。

 結局フタを明けてみれば、住民はかなり高い放射線被曝を受けていたという顛末である。

 これら一連の対応はどこかの国とそっくりである。4.7ミリシーベストの被曝という事実をソウル市が調査し、きちんと発表しただけ日本よりましかもしれない。

 日本と韓国は互いにいがみ合っているが、欧米から見ると近親憎悪にしか見えないという。実際、竹島問題にしても、ヨーロッパのメディアでは「似たもの同士の野蛮な東洋人が、岩だらけの小島を巡って醜い争いを行っているという」差別的なトーンの報道も多く見受けられる。

 日本人の多くは、日本が韓国よりも開かれて進んだ社会だと思ってきた。実際それはかなりな部分で正しい。だが、原発問題への日本政府の対応を見ていると、必ずしもそれが正しいとは限らないという主張には説得力があると思えてくる。

 韓国のアルファルト被曝問題から我々が学ぶことは多い。

 - 政治, 社会

  関連記事

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

freedom
米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポー …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …