ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生に相当)を申請した。シェールガスの生産量が急増し、価格が低迷し経営に行き詰った。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガスのこと。従来は採掘コストが高く採算が合わないといわれていたが、新しい技術の開発が相次ぎ低コストでの採掘が可能となった。
 このため米国ではここ数年、シェールガスの開発が一気に進み、シェールガス関連の企業は一種のバブル的な状況になっていた。

 だが新しい油田の開発が相次ぎ、生産量が増大したことで価格が急落、シェールガスへの依存度が高い会社は経営難に直面するようになってきた。今後同社と同じように、経営に行き詰るガス開発会社が出てくる可能性は高い。

 市場では同社の破たんによって、シェールガス・バブルが破たんしたと見る向きも多い。だが産業全体として見た場合には、状況はまったく逆である。
 確かに新しい油田の開発が過剰に進み価格が下落したことで、シェールガス関連の会社は今後大きな利益を上げることが難しくなった。
 だがこのことは、米国のエネルギーコストが劇的に下がったことを意味している。安価になったシェールガスの価格は日本が使っている石油や天然ガスの半額以下である。米国は安価なエネルギー源を好きなだけ使える環境になりつつあるのだ(本誌記事「日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?」参照)。

 すでに米国ではこの状況を見据えており、天然ガスなどを世界に向けて輸出していく方針を明らかにしている。国際エネルギー機関 (IEA)の調査によれば、シェールガスの開発によって米国は近い将来、世界最大のエネルギー産出国になるとともに、すべてのエネルギーを自給自足できることに なる見通しだという。

 米国が中東からの石油輸入に依存しなくなるインパクトは大きい。シェールガス開発会社の破たんは、石油をめぐる国際的な秩序が根本的に変わりつつあることの象徴なのである。

 - 経済

  関連記事

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …