ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生に相当)を申請した。シェールガスの生産量が急増し、価格が低迷し経営に行き詰った。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガスのこと。従来は採掘コストが高く採算が合わないといわれていたが、新しい技術の開発が相次ぎ低コストでの採掘が可能となった。
 このため米国ではここ数年、シェールガスの開発が一気に進み、シェールガス関連の企業は一種のバブル的な状況になっていた。

 だが新しい油田の開発が相次ぎ、生産量が増大したことで価格が急落、シェールガスへの依存度が高い会社は経営難に直面するようになってきた。今後同社と同じように、経営に行き詰るガス開発会社が出てくる可能性は高い。

 市場では同社の破たんによって、シェールガス・バブルが破たんしたと見る向きも多い。だが産業全体として見た場合には、状況はまったく逆である。
 確かに新しい油田の開発が過剰に進み価格が下落したことで、シェールガス関連の会社は今後大きな利益を上げることが難しくなった。
 だがこのことは、米国のエネルギーコストが劇的に下がったことを意味している。安価になったシェールガスの価格は日本が使っている石油や天然ガスの半額以下である。米国は安価なエネルギー源を好きなだけ使える環境になりつつあるのだ(本誌記事「日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?」参照)。

 すでに米国ではこの状況を見据えており、天然ガスなどを世界に向けて輸出していく方針を明らかにしている。国際エネルギー機関 (IEA)の調査によれば、シェールガスの開発によって米国は近い将来、世界最大のエネルギー産出国になるとともに、すべてのエネルギーを自給自足できることに なる見通しだという。

 米国が中東からの石油輸入に依存しなくなるインパクトは大きい。シェールガス開発会社の破たんは、石油をめぐる国際的な秩序が根本的に変わりつつあることの象徴なのである。

 - 経済

  関連記事

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …