ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表した。ユーロ圏の失業率は12.0%と過去最策の水準となった。一方EU全体では10.9%となっており、ユーロ圏における失業率の高さが目立っている。

 ユーロ圏の1年前における失業率は10.9%、EUは10.2%とほぼ同じ水準であった。だがユーロ圏の失業率は徐々に増加し、1年間で1.1ポイントの差がつくまでになった。欧州全体で見れば、ユーロ圏が逆に全体の足を引っ張る状況となっている。

 国別ではやはりスペイン(26.3%)、ギリシャ(26.4%)、ポルトガル(17.5%)などが高い。フランスも主要国の中ではかなり高め(10.8%)だ(ギリシャは2012年12月のデータ)。
 逆に良好なのはオーストリア(4.8%)、ドイツ(5.4%)、ルクセンブルグ(5.5%)、オランダ(6.2%)など。北部のプロテスタント圏工業国の失業率の低さが目立つ。

 失業率が高い国のほとんどが、ここ1年で失業率が悪化していきているが、良好な国はあまり失業率に変化がない。
 このことは、欧州の中で産業が発達する国とそうでない国に分かれてしまい、その違いが恒久化しつつあることを示している。数字だけを見ると欧州は完全に分裂している。

  これが若年層(25歳以下)になる驚くような数字となる。ギリシャでは58.4%、スペインでは55.7%と過半数の若者に職がない。フランスは26.7%、イタリアは37.8%である。一方ドイツは若年層の失業率が全体の数字よりも高め(7.7%)ではあるが、他国に比べれば比較にならないくらい良好だ。スペインやギリシャなどから、若者が大挙してドイツなどに職を求めて移動しているが、その傾向は当分続きそうである。

 いくら経済危機とっても、中高年と若年層でこれほどまで失業率に差が出るのは異常事態である。これらの国では、中高年の正社員が完全に既得権益化しており、社会全体で若者を食いものにしているということがよく分かる。

 ちなみに、米国の失業率は7.7%、若年層の失業率は8.3%である。一方、日本の失業率は4.2%、若年層の失業率は7.3%となっている。誰もが知っている通り、日本の現実的な失業率の水準はこれよりもはるかに高い。日本において労働者の雇用環境を欧米並みにすれば、失業率は大きく跳ね上がるだろう。
 日本は意図せずして、失業率統計を水増しする結果となっているのだ。世界では「そのつもりはありませんでした」という言い訳は通用しない。そのうち日本も、韓国や中国と同様、統計データそのものが信頼できない国という立場に転落するかもしれない。

 - 社会, 経済

  関連記事

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

nintendowii
巨額赤字の任天堂。相続された株式の行方をめぐって市場は戦々恐々

 任天堂は2014年1月17日、2014年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …