ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。

 9月16日、1000隻を超える漁船が一斉に尖閣諸島に向かうという報道があり、日本国内に緊張が走った。実際には1000隻の船が一斉に尖閣諸島に向かってわけではないようだが、様々な情報が錯綜した。

 漁船団がどこにいるのかという根本的な疑問に対して、にわかに注目されたのがAIS(自動船舶識別装置)と呼ばれるシステム。これは、船に搭載した発信機から位置情報を発信し、どの船がどこにいるのかをという情報を共有するためのものである。
 テロ対策を目的として、国際海事機関(IMO)が主導で2002年に国際条約が改正され、AIS搭載が盛り込まれた。日本では300トン以上の国際航海する船、500トン以上の国内航海する船に搭載が義務付けられている。海外でも多くの船舶がこれを搭載している。

 この情報を集約してインターネット上で配信するサービスが存在しており、そのサービスに加入すれば、世界中の船の位置をリアルタイムで知ることができる。
  この分野で断トツのシェアを誇っているのが中国のShipfinder社(本社:北京市、海淀区)である。いわば船舶位置情報サービスの世界におけるgoogleといってよい。

 中国のTV局が漁船団がどこで操業しているのかを詳しく報道していたが、この時にも、同社のサービス画面が使われていた。ちなみに日本では、政府がAIS情報の独自収集は行っているが、データを公表していない。

 安全保障に詳しい専門家は「中国企業にこのようなデータを牛耳られているのは好ましくない」という。ポイントは形式上は民間サービスであるということ。インターネットの世界ではシェアが高いサービスには情報が集中し、さらに高度な情報が集まってくるという特性がある。

 市場原理を使った情報収集能力は、諜報機関の収集能力を凌駕することも珍しくない。
 中国が商用でこのようなサービスを民間レベルで提供するのは、海運産業が安全保障上極めて重要であることを認識しているとともに、市場原理の恐ろしさも熟知しているから。
 Googleはまさにその典型であり、世界中の諜報機関が同社のデータを欲しがっている。もしgoogleが情報を遮断したり、情報をコントロールしたら世界中が麻痺してしまう。
 情報を握っていることは核兵器ほ保持にも匹敵するのだ。Shipfinderは当該分野においてそのようなポジションになりつつある。

 政府組織だけが情報を集めるというスタンスでは、とうてい現代の情報戦争を勝ち抜くことはできない。日本にもこういった企業が続々登場するようでなければ、覇権を失うばかりである。だが役所の規制でがんじがらめの日本では、実現はかなり難しいかもしれない。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

kokkaigijido02
日本の議員資産公開法は穴だらけ。だがそれは国民の側にも原因がある

 参議院は2014年1月6日、昨年7月の参院選で当選した参議院議員の資産を公開し …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …