ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題となっている。英国をはじめとする欧州各国は、上流階級、中流階級、労働者階級の3つのクラスで構成されている。これら3つのクラスは職業とも密接に結びついていた。

 だがグルーバル化の進展やネットの普及、価値観の多様化によって、現在では3つのクラスに分類することが難しくなっている。英国国営放送(BBC)が提唱した新しい階級分類は7段階となっており、Webサイトでは自分がどのクラスになるのかチェックすることができる(写真)。

 BBCが提唱したクラスは以下の7種類。①エリート、②エスタブリッシュなミドルクラス、③テクニカルなミドルクラス、④ニューワーカー、⑤伝統的労働者、⑥エマージングサービスワーカー、⑦アルバイトなどの労働者。

 以前のクラス分けと比較すると、中流階級が2つに分かれ、労働者階級が4つに分かれたような形になっている。
 確かに同じような経済水準であっても、社交的でボランティア活動などに精を出す人と、高度な技能職で仕事一筋の人では、属する社会が異なっているというのは納得できる。
 また労働者の世界においても、GAPやスターバックスの店員と下町のパブの店員では、給料が同じだとしても、生活様式はまるで異なっているだろう。

  ただBBCのクラス分け基準も詳細に見てみると、少々ガックリくる部分もある。階級を分ける基準の一つに「文化活動」というものがあるが、例えばJazzを聞く人とHipHopを聞く人で結果が大きく分かれていたりする。また社会資本という項目では、知り合いに大学教授や企業経営者がいるのか、看護士やトラック運転手がいるのかでスコアが変わるようになっている。

 最終的には所得水準や資産額が階層を決定する上で大きなウェイトを占めているようだが、人脈や文化活動が特定の種類に偏らず、まんべんなくカバーしている人の方がより高い階層になる。高級取りで多額の資産を持ち、あらゆる階層の人と交流し、HipHopとクラシックの両方をこよなく愛する人がどれだけいるのかは分らないが、とりあえず多様性がミソということらしい。

 最近は米国などでも新しい社会階層分類の試みが行われているが、定着したものはまだない。こういった新しい階層分類の試みは、グローバル時代に合わせた動きともいえるが、一方では、何としても階級にこだわりたいという保守的な考えにも見える。はたしてどちらが正解だろうか?

 - 社会, 経済

  関連記事

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …