ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市場は111ドル下落して、久々に100ドルを超す大幅安となった。

 高値警戒感が出ている最大の理由は、企業の景況感が伸び悩んでいるからだ。
 米供給管理協会(ISM)が4月1日に発表した3月の製造業景況指数は51.3と3カ月ぶり低水準となった。
 また3月の非製造業景況指数も低下しこちらは7カ月ぶりの低水準となった。歳出の自動削減が徐々に影響を及ぼしている可能性が高い。

 ISMの景況指数は米国における景気の重要指標のひとつ。
 リーマンショック直後は製造業の方が回復が早かった。だが、2011年以降は欧州景気の低迷などを受けて、非製造業の方が堅調となっており、米国株もサービス業を中心に相場が形成されていた。
 グラフを見れば分かるように、2011年以降は景況指数と株価の乖離が激しくなっている。期待先行で株価が過度に上昇しているように見えなくもない。
 2013年に入り、製造業の指数が急上昇したことで、市場では景況感と株価の乖離が縮小するとの期待感が強まっていたが、今回の数値でまた元に戻ってしまった格好だ。

 一方、こうしたマクロ経済的な要因とは別に、テクニカルな意味で5月には一度相場が崩れると予想する関係者もいる。米国には「5月に株を売ってどこかに逃げろ」という格言があるくらいで、春から初夏にかけては相場が下落しやすい。
 もっとも全体としてみれば米国経済は順調であり、長期的な立場の投資家から見れば、もし5月に下落すれば、その時は絶好の買いタイミングであるともいえる。

 いずれにせよ、このような局面は投資家にとってもっとも悩ましい状況の一つである。もしここで一度売ってしまうと、大きな下落がなかった場合には、値上がりした株を買い戻さなければならず、心理的な抵抗が極めて大きい。だがここで売却せずに相場が下落してしまえば、せっかく確保したキャピタル・ゲインも水の泡だ。

 「相場は懐疑の中で育つ」という格言もある。皆が警戒して躊躇している間に、株価は案外スルスルと上昇してしまうのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …