ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市場は111ドル下落して、久々に100ドルを超す大幅安となった。

 高値警戒感が出ている最大の理由は、企業の景況感が伸び悩んでいるからだ。
 米供給管理協会(ISM)が4月1日に発表した3月の製造業景況指数は51.3と3カ月ぶり低水準となった。
 また3月の非製造業景況指数も低下しこちらは7カ月ぶりの低水準となった。歳出の自動削減が徐々に影響を及ぼしている可能性が高い。

 ISMの景況指数は米国における景気の重要指標のひとつ。
 リーマンショック直後は製造業の方が回復が早かった。だが、2011年以降は欧州景気の低迷などを受けて、非製造業の方が堅調となっており、米国株もサービス業を中心に相場が形成されていた。
 グラフを見れば分かるように、2011年以降は景況指数と株価の乖離が激しくなっている。期待先行で株価が過度に上昇しているように見えなくもない。
 2013年に入り、製造業の指数が急上昇したことで、市場では景況感と株価の乖離が縮小するとの期待感が強まっていたが、今回の数値でまた元に戻ってしまった格好だ。

 一方、こうしたマクロ経済的な要因とは別に、テクニカルな意味で5月には一度相場が崩れると予想する関係者もいる。米国には「5月に株を売ってどこかに逃げろ」という格言があるくらいで、春から初夏にかけては相場が下落しやすい。
 もっとも全体としてみれば米国経済は順調であり、長期的な立場の投資家から見れば、もし5月に下落すれば、その時は絶好の買いタイミングであるともいえる。

 いずれにせよ、このような局面は投資家にとってもっとも悩ましい状況の一つである。もしここで一度売ってしまうと、大きな下落がなかった場合には、値上がりした株を買い戻さなければならず、心理的な抵抗が極めて大きい。だがここで売却せずに相場が下落してしまえば、せっかく確保したキャピタル・ゲインも水の泡だ。

 「相場は懐疑の中で育つ」という格言もある。皆が警戒して躊躇している間に、株価は案外スルスルと上昇してしまうのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …