ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・質的金融緩和」を導入すると発表した。

 金融市場調節の操作目標を、「無担保コールレート」から「マネタリーベース」に変更し、長期国債やETFなどの保有額を2年で2倍に拡大する。また物価目標の達成時期についても「2年間程度を念頭に置いて」できるだけ早期に実現するとした。

  今後はマネタリーベース(日銀が発行する紙幣の額)を目標に金融政策を行うことになり、年間60兆円から70兆円が供給される。このため、日銀のバランスシートは2年でほぼ確実に2倍に膨れ上がることになる。

 資金供給の量も大きいが、操作目標を変更した点が「質的」な金融緩和を指しているのだろう。
 ともかく、これほど短期間に日銀のバランスシートを意図的に倍増させるということは、従来なかったことである(戦争中の戦費調達を目的とした国債の直接引き受けを除く)。

 2001年から2006年まで行ってきた前回の量的緩和策では、マネタリーベースは6年で約1.5倍に増大した。だがその後量的緩和策をやめてしまったため、一旦マネタリーベースは縮小し、最近は国債の買い入れが増大したことで、再び増加に転じていた。今後はこれを一気に2倍にしようというのである(図の赤い矢印)。

 だがこれまでは日銀がいくら紙幣を供給しても、マネーサプライ(市中に出回るお金の総額:現在はマネーストックとも呼ぶ。図中ではM3およびM2+CD)はあまり増加せず、白川前総裁は、基本的にマネタリーベースの増加はマネーサプライの増加にはつながらないとの立場を貫いていた。
 白川氏の主張によれば、最終的に経済成長の原動力となるのは企業の競争力であり、金融はそれを後押しする存在でしかないことになる。簡単に言ってしまえば、現在の日本企業には競争力がないので、いくら金融緩和してもムダということである。

 黒田氏の主張はそれとは異なる(と思われる)。日銀が資金を供給すれば、資産効果などが発生し、実際に消費も増え、実体経済が好転してくるというシナリオである。外交政策上、口に出しては言わないが、緩和策による円安効果も、当然期待しているはずだ(本誌記事「本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張」参照)。

 白川氏の主張が正しければ、設備投資にはお金が回らず、行き場を失ったマネーは不動産に殺到し、資産バブルが発生するかもしれない。だが黒田氏の主張が正しければ、最終的には日銀が供給した資金は企業の設備投資資金として消化されるはずだ。

 これまではどちらの主張が正しいのか実験することができなかった。その意味で、今回の量的緩和策の再開は、稀に見る壮大な社会実験であるともいえる。鶏が先か卵が先か、ようやく白黒がはっきりすることになる。
 ちなみに日銀が3月に行ったアンケート調査では、国民の多くが、物価高はあまり予想していないが、不動産価格の高騰は予測しているという結果が出ている(本誌記事「アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?」参照)。国民は案外クールに、不動産バブルを予想しているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …