ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・質的金融緩和」を導入すると発表した。

 金融市場調節の操作目標を、「無担保コールレート」から「マネタリーベース」に変更し、長期国債やETFなどの保有額を2年で2倍に拡大する。また物価目標の達成時期についても「2年間程度を念頭に置いて」できるだけ早期に実現するとした。

  今後はマネタリーベース(日銀が発行する紙幣の額)を目標に金融政策を行うことになり、年間60兆円から70兆円が供給される。このため、日銀のバランスシートは2年でほぼ確実に2倍に膨れ上がることになる。

 資金供給の量も大きいが、操作目標を変更した点が「質的」な金融緩和を指しているのだろう。
 ともかく、これほど短期間に日銀のバランスシートを意図的に倍増させるということは、従来なかったことである(戦争中の戦費調達を目的とした国債の直接引き受けを除く)。

 2001年から2006年まで行ってきた前回の量的緩和策では、マネタリーベースは6年で約1.5倍に増大した。だがその後量的緩和策をやめてしまったため、一旦マネタリーベースは縮小し、最近は国債の買い入れが増大したことで、再び増加に転じていた。今後はこれを一気に2倍にしようというのである(図の赤い矢印)。

 だがこれまでは日銀がいくら紙幣を供給しても、マネーサプライ(市中に出回るお金の総額:現在はマネーストックとも呼ぶ。図中ではM3およびM2+CD)はあまり増加せず、白川前総裁は、基本的にマネタリーベースの増加はマネーサプライの増加にはつながらないとの立場を貫いていた。
 白川氏の主張によれば、最終的に経済成長の原動力となるのは企業の競争力であり、金融はそれを後押しする存在でしかないことになる。簡単に言ってしまえば、現在の日本企業には競争力がないので、いくら金融緩和してもムダということである。

 黒田氏の主張はそれとは異なる(と思われる)。日銀が資金を供給すれば、資産効果などが発生し、実際に消費も増え、実体経済が好転してくるというシナリオである。外交政策上、口に出しては言わないが、緩和策による円安効果も、当然期待しているはずだ(本誌記事「本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張」参照)。

 白川氏の主張が正しければ、設備投資にはお金が回らず、行き場を失ったマネーは不動産に殺到し、資産バブルが発生するかもしれない。だが黒田氏の主張が正しければ、最終的には日銀が供給した資金は企業の設備投資資金として消化されるはずだ。

 これまではどちらの主張が正しいのか実験することができなかった。その意味で、今回の量的緩和策の再開は、稀に見る壮大な社会実験であるともいえる。鶏が先か卵が先か、ようやく白黒がはっきりすることになる。
 ちなみに日銀が3月に行ったアンケート調査では、国民の多くが、物価高はあまり予想していないが、不動産価格の高騰は予測しているという結果が出ている(本誌記事「アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?」参照)。国民は案外クールに、不動産バブルを予想しているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

imf
IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …