ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領とリー・シェンロン首相との会談で見えてくる、米軍の南シナ海へのシフト

 

  シンガポールのリー・シェンロン首相は4月2日、米ワシントンのホワイトハウスでオバマ大統領と首脳会談を行った。リー首相は米国のリバランス戦略(アジア太平洋にシフトする戦略)を評価するとともに、米中関係は世界でもっとも重要な二国間関係であるとし、協力して問題の解決にあたっていきたいと述べた。またリー首相は、ヘーゲル国防長官やケリー国務長官と相次いで会談を行い、アジア地域の安全保障について議論を行った。

 米国は近年、経済面だけでなく、軍事面においてもシンガポールとの連携を強化している。
 今月には米海軍の最新鋭沿海域戦闘艦(LCS)がシンガポールに配備される予定となっている。
 同艦は、従来の海軍兵力のコンセプトを180度転換させる革新的な装備といわれており、シンガポールには合計4籍が配備される予定だ。リー首相とオバマ大統領の首脳会談もこのタイミングを狙ってブッキングされた。

 シンガポールと提携を強化する背景には当然、中国の台頭がある。
 だが旧ソ連と異なり、中国と米国が全面的戦争を行う可能性は限りなくゼロに近い。したがって米国の海軍兵力も、従来のような巨大空母を中心としたものから、機動性の高い中小型艦船をコンピュータ・ネットワークで結ぶタイプのものに移行しつつある。LCSはまさにその象徴的な艦といわれる。

 米国は中東重視の戦略からアジア重視にシフトしているが、同時にアジアの中でも東シナ海を中心としたエリアから南シナ海を中心としたエリアへと重心を移しつつある。また空母機動部隊を中心とした重量級の装備から、より柔軟性の高いものへのシフトも進めている。
 沖縄から海兵隊が撤退し、その代わりにオーストラリアに海兵隊を常駐させたのも、この流れに沿ったものである。

 この動きが加速してくると、現在米国のアジア戦略の拠点である横須賀と佐世保の位置付けも大きく変わってくる可能性がある。当然、普天間基地の辺野古への移設問題も、背景にはこのような米軍の戦力シフトがある。
 横須賀基地を母港とする空母「ジョージ・ワシントン」は、近く長期間にわたる大規模修繕に入る予定だが、その間、代替の空母は派遣せず、その後、再び横須賀には空母を配備しないという噂もある。

  旧ソ連に対する最前線の防衛ラインとして、日本は米国のアジア戦略の中心的存在であった。だが新しい世界秩序では日本に求められている安全保障上の役割も以前とは大きく変わっている可能性がある。すぐに大きな変化がある話ではないが、日本人はこのことをよく理解しておく必要があるだろう。

 - 政治

  関連記事

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

kozeni
マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

watanabeyosimi
みんなの党が維新との合流を断念。渡辺代表が父親譲りのダジャレで決別宣言

 みんなの党の渡辺代表は27日、政策が一致していないとして、日本維新の会との合流 …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …