ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めている。

 すでに報道されている通り、反日デモは必ずしも愛国・反日で統一されたものではない。既得権益層に対する貧困層の不満がその根底にあり、一歩間違うと反政府運動になりかねない危うさを兼ね備えている。中国には、歴史的に愛国運動がそのまま反政府運動に転換しやすいという土壌がある。中国当局は、この点をもっとも危惧しているといわれる。

 まず多くのデモで目に付くのが毛沢東の肖像画である。これを見ると文化大革命を彷彿とさせる。
 文化大革命とは1970年前後に起こった資本主義的風潮を攻撃する民衆運動である。実際には革命路線に忠実な毛沢東と、今で言う改革開放路線を目指した劉少奇の権力闘争であった。毛沢東が民衆をウラで操り、劉少奇が民衆(紅衛兵)に襲撃され拷問の末に死亡している。

 街では、既得権益層とみなされた人が次々につるし上げとなり、推定で数百万人が虐殺されたといわれる。中国の次期最高指導者の習近平氏は父親が党幹部という親の七光りボンボンである。当然、民衆の攻撃対象となり、命は奪われなかったものの、長期間地方に追いやられていた(下放)。

 文化大革命は、その後、毛沢東もコントロールできないほどに過激化し、反政府運動にもなりかねない状況となったため、今度は逆に当局が徹底的に弾圧して収束させた。

 もうひとつ、現在のデモを彷彿とさせる事件が清朝末期に起こっている。それは「義和団の乱」である。
 義和団の乱は1900年頃に起こった愛国運動である。「扶清滅洋(清を助けて、外国を排斥せよ)」を旗印に、外国人やキリスト教徒など次々に襲った。当初清朝はこれを利用しようと、その運動を黙認していたが、欧米列強の介入を招き、急遽、義和団を弾圧することになる。
 義和団は今度は「掃清滅洋」(清を滅ぼして、外国も滅ぼせ)を掲げる反政府運動に変わり、最終的に諸外国の軍隊によって鎮圧された。
 義和団の乱は、結局のところ、日本を含む列強国の中国介入を招いてしまった。

 中国の指導者層の頭の中には、この二つの事件は明確に意識されており、いわば中国のアキレス腱ともいえる。日本人もこれらの民衆運動について知っておいて損はない。

 - 政治

  関連記事

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …