ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月から生活保護受給者はジェネリック医薬品へ。公的医療はすべてそうなっていくのか?

 

 4月に入り、生活保護受給者に対しては、原則として価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)を処方する制度の運用が始まった。

 ジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬を他社が製造したもの。ジェネリック医薬品を製造するメーカーは研究開発費が要らないため、安い値段で提供することができる。以前はある薬の特許が切れると同じ成分の製品がゾロゾロと出てくることから「ゾロ新」などと言われていたが、現在では後発医薬品もしくはジェネリック医薬品と呼ばれている。

 欧米各国では高騰する医療費対策からジェネリック医薬品の利用が進められてきたが、日本でも財政的な問題から厚労省がジェネリック医薬品の利用を推奨するようになってきている。
 また現在3.3兆円ほどある生活保護費の半分が医療費であることから、生活保護費抑制のため、受給者には原則、ジェネリック医薬品の利用が求められるようになった。

 だが、一般的な医療現場ではジェネリック医薬品はあまり普及していない。それは、先発薬とは薬効が異なるといわれているからである。
 ジェネリック医薬品は成分上は先発薬とまったく同様だが、薬を生成する過程で入れられる添加物や容器の成分が異なってる場合、同じ効果を得られない可能性がある。

 欧米でもすべての国でジェネリックが普及しているわけではなく、フランスでは日本と同様、ジェネリックは20%程度しか普及していない(米国は8割、英国やドイツは7割がジェネリック。ただしフランスも最近は参照価格制度の導入で3割台に上昇しているというデータもある)。フランスでジェネリックが敬遠される理由は、日本と同様、薬効が同じではないことと、場合によってはアレルギー反応が出る事例が報告されているからである。

 現在は生活保護受給者への処方が主な話題となっているが、日本の医療費抑制は必須の状況となっている。いずれ一般的な公的保険での治療にもジェネリックが優先されるようになる可能性は高い。
 そうなった時に重要なのはやはり情報である。現在はジェネリック医薬品に関する情報があまりにも少なく、薬が効く、効かないという話も不確かなものが多い。生活保護受給者にはすでに処方が始まっていることを考えると、関連データベースの整備が急がれる。

 - 社会

  関連記事

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …