ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月から生活保護受給者はジェネリック医薬品へ。公的医療はすべてそうなっていくのか?

 

 4月に入り、生活保護受給者に対しては、原則として価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)を処方する制度の運用が始まった。

 ジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬を他社が製造したもの。ジェネリック医薬品を製造するメーカーは研究開発費が要らないため、安い値段で提供することができる。以前はある薬の特許が切れると同じ成分の製品がゾロゾロと出てくることから「ゾロ新」などと言われていたが、現在では後発医薬品もしくはジェネリック医薬品と呼ばれている。

 欧米各国では高騰する医療費対策からジェネリック医薬品の利用が進められてきたが、日本でも財政的な問題から厚労省がジェネリック医薬品の利用を推奨するようになってきている。
 また現在3.3兆円ほどある生活保護費の半分が医療費であることから、生活保護費抑制のため、受給者には原則、ジェネリック医薬品の利用が求められるようになった。

 だが、一般的な医療現場ではジェネリック医薬品はあまり普及していない。それは、先発薬とは薬効が異なるといわれているからである。
 ジェネリック医薬品は成分上は先発薬とまったく同様だが、薬を生成する過程で入れられる添加物や容器の成分が異なってる場合、同じ効果を得られない可能性がある。

 欧米でもすべての国でジェネリックが普及しているわけではなく、フランスでは日本と同様、ジェネリックは20%程度しか普及していない(米国は8割、英国やドイツは7割がジェネリック。ただしフランスも最近は参照価格制度の導入で3割台に上昇しているというデータもある)。フランスでジェネリックが敬遠される理由は、日本と同様、薬効が同じではないことと、場合によってはアレルギー反応が出る事例が報告されているからである。

 現在は生活保護受給者への処方が主な話題となっているが、日本の医療費抑制は必須の状況となっている。いずれ一般的な公的保険での治療にもジェネリックが優先されるようになる可能性は高い。
 そうなった時に重要なのはやはり情報である。現在はジェネリック医薬品に関する情報があまりにも少なく、薬が効く、効かないという話も不確かなものが多い。生活保護受給者にはすでに処方が始まっていることを考えると、関連データベースの整備が急がれる。

 - 社会

  関連記事

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

oecdmanzokudo
OECDの幸福度ランキング2014。気持ちの問題なのか、物理的環境なのか?

 経済協力開発機構は2014年5月、世界幸福度ランキング2014を発表した。日本 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …