ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場では日銀が供給するマネーの行先に注目が集まり始めている。

 日銀は今後2年間でマネタリーベースを毎年60兆円から70兆円増加させるとしている。操作目標を金利からマネタリーベースの絶対量に変更したこともあり、これは確実に実行されることになる。
 国債は毎年50兆円ずつ日銀が購入し、その分のマネーが市場に供給される。またETFの買い入れも毎年1兆円を予定しているので、株式市場にもマネーが流れ込む。

 問題は市場に流れ込んだマネーが、次に向かうのか?ということである。積極的な量的緩和策に批判的な人は、日銀がどんなに国債を購入しても、その資金は当座預金に貯まる一方で、市中には出回らないと主張する。確かにこれまでの日本はそのような状態であった。2001年から2006年にかけて実施された量的緩和策では、結局日銀が提供したマネーは国債を買っただけで終わった。

 積極的な緩和策に賛同する人は、量的緩和策を小出しにせず、効果があるまでやれば、いつかは必ず市中にお金が出回ってくると考えている。今回の「黒田砲」はまさにそれを狙ったものといえる。なにしろ、日本の新規国債発行額を超える金額(一般会計のみで特別会計を含まず)の国債を日銀が「大人買い」するのだ。当座預金にお金が貯まる一方では、さすがの銀行も困ることになる。
 しかも日銀の国債購入対象を長期債にも広げたため、長期債の金利も低下が予想される。銀行にとってはもう買える国債は残っておらず、嫌でも別な運用先を探さなければならない。

 だが残念なことに、少なくとも現段階では企業の資金ニーズは極めて乏しい。容易には新規融資は伸びないだろう。

 可能性があるのは、円安に進行による決済資金の増加である。実際、円安によって海外からの輸入代金が増加し、その分運転資金に対する需要は拡大している。円安がさらに進行し、日本の輸入額がさらに増加すれば、銀行の貸し出しは増える(日本の輸入額は年間70兆円程度ある)。
 もうひとつは不動産に対する融資である。不動融資には、一般的な住宅ローン、アパートなど事業用不動産への融資、さらには不動産ファンドに対する融資がある。
 すでに金融機関は住宅ローンに十分注力していることを考えると、やはり残っているのはREITなど不動産ファンドへの融資ということになる。

 REITに対するレンダー(貸し手)としての業務は銀行にとって非常に美味しい。住宅ローンは1件あたりせいぜい数千万円だが、REITへの融資は数十から数百億円と規模が大きいのだ。規模が1000倍あるからといって、審査の手間が1000倍になるわけではなく、銀行にとっては効率がいい。

 すでに多くのREITが増資を行い新しい物件を次々に取得している。REITは一定の範囲内でレバレッジをかけるので、物件の取得があれば、その分融資も伸びる。REITの価格は日経平均をはるかに上回る水準で上昇しているが、市場はこのあたりの事情を織り込んでいると思われる。

 REITが保有するのは大都市の超優良物件。REITが物件を買えば、全国の地価を容易に押し上げることができる。物価上昇のトリガーとしてはもってこいだ。黒田総裁は、実はこのあたりのメカニズムを2%物価上昇の隠れた本命と位置付けているのかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

pakukune
朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …