ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱する緩和策の拡大に一人慎重な姿勢を示した木内審議委員のスタンスに注目が集まっている。

 今回の決定会合では、2%の物価目標について「2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する」としたが、木内委員からは、この文言を削除し「2年間程度を集中対応期間と位置づけて」に変更するなどの議案が提出された。採決の結果は木内委員以外は全員反対で否決となり、今回の文言となった。また「量的・質的金融緩和の継続」についても、木内委員のみが反対票を投じている。

 木内氏は野村證券金融研究所出身の民間エコノミスト。白川総裁の時代には、政策決定会合ではあまり目立った議論は行われず、白川総裁と日銀が提唱する「消極的?緩和策の拡大」を追認してきた。
 木内委員は2012年7月から審議委員に就任しているが、民間エコノミストの木内氏を登用した人事は、緩和策に消極的という日銀に対する批判を和らげたいとの意向があったと言われている(本誌記事「黒田日銀総裁正式決定。これまで白川路線に賛同していた審議委員は意見を変える?」参照)。

 当時の審議委員の中では、緩和策に積極的と思われていたが、黒田氏の総裁就任で雰囲気がガラッと変わってしまった。木内氏は最も消極的な立場になってしまったのだ。

 木内氏はただ一人反対票を投じることで、自身のブレない姿勢を示したことになる。そこで気になってくるのが、白川時代に消極的路線を支持してきた他の審議委員の見解である。その時の状況に合わせて柔軟なスタンスを取ることもある意味では重要だが、180度転換したともいえる今回の政策決定の中身を考えると、論理的整合性を確保することには少々無理があると思われる。

 いずれにせよ、シャンシャン総会的に推移してきた日銀の政策決定会合で意見の対立が見られることは悪いことではない。今後は、いい意味で各審議委員の発言に注目が集まることになるだろう。

 - 経済

  関連記事

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …