ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱する緩和策の拡大に一人慎重な姿勢を示した木内審議委員のスタンスに注目が集まっている。

 今回の決定会合では、2%の物価目標について「2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する」としたが、木内委員からは、この文言を削除し「2年間程度を集中対応期間と位置づけて」に変更するなどの議案が提出された。採決の結果は木内委員以外は全員反対で否決となり、今回の文言となった。また「量的・質的金融緩和の継続」についても、木内委員のみが反対票を投じている。

 木内氏は野村證券金融研究所出身の民間エコノミスト。白川総裁の時代には、政策決定会合ではあまり目立った議論は行われず、白川総裁と日銀が提唱する「消極的?緩和策の拡大」を追認してきた。
 木内委員は2012年7月から審議委員に就任しているが、民間エコノミストの木内氏を登用した人事は、緩和策に消極的という日銀に対する批判を和らげたいとの意向があったと言われている(本誌記事「黒田日銀総裁正式決定。これまで白川路線に賛同していた審議委員は意見を変える?」参照)。

 当時の審議委員の中では、緩和策に積極的と思われていたが、黒田氏の総裁就任で雰囲気がガラッと変わってしまった。木内氏は最も消極的な立場になってしまったのだ。

 木内氏はただ一人反対票を投じることで、自身のブレない姿勢を示したことになる。そこで気になってくるのが、白川時代に消極的路線を支持してきた他の審議委員の見解である。その時の状況に合わせて柔軟なスタンスを取ることもある意味では重要だが、180度転換したともいえる今回の政策決定の中身を考えると、論理的整合性を確保することには少々無理があると思われる。

 いずれにせよ、シャンシャン総会的に推移してきた日銀の政策決定会合で意見の対立が見られることは悪いことではない。今後は、いい意味で各審議委員の発言に注目が集まることになるだろう。

 - 経済

  関連記事

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

mujinkijiko
米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無 …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

awa
エイベックスとサーバーエージェントが音楽定額配信に参入。ガラパゴス打破の契機となるか?

 エイベックス・グループとサイバーエージェントが定額制音楽配信サービスに参入した …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …