ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱する緩和策の拡大に一人慎重な姿勢を示した木内審議委員のスタンスに注目が集まっている。

 今回の決定会合では、2%の物価目標について「2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する」としたが、木内委員からは、この文言を削除し「2年間程度を集中対応期間と位置づけて」に変更するなどの議案が提出された。採決の結果は木内委員以外は全員反対で否決となり、今回の文言となった。また「量的・質的金融緩和の継続」についても、木内委員のみが反対票を投じている。

 木内氏は野村證券金融研究所出身の民間エコノミスト。白川総裁の時代には、政策決定会合ではあまり目立った議論は行われず、白川総裁と日銀が提唱する「消極的?緩和策の拡大」を追認してきた。
 木内委員は2012年7月から審議委員に就任しているが、民間エコノミストの木内氏を登用した人事は、緩和策に消極的という日銀に対する批判を和らげたいとの意向があったと言われている(本誌記事「黒田日銀総裁正式決定。これまで白川路線に賛同していた審議委員は意見を変える?」参照)。

 当時の審議委員の中では、緩和策に積極的と思われていたが、黒田氏の総裁就任で雰囲気がガラッと変わってしまった。木内氏は最も消極的な立場になってしまったのだ。

 木内氏はただ一人反対票を投じることで、自身のブレない姿勢を示したことになる。そこで気になってくるのが、白川時代に消極的路線を支持してきた他の審議委員の見解である。その時の状況に合わせて柔軟なスタンスを取ることもある意味では重要だが、180度転換したともいえる今回の政策決定の中身を考えると、論理的整合性を確保することには少々無理があると思われる。

 いずれにせよ、シャンシャン総会的に推移してきた日銀の政策決定会合で意見の対立が見られることは悪いことではない。今後は、いい意味で各審議委員の発言に注目が集まることになるだろう。

 - 経済

  関連記事

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …