ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮がミサイル発射の可能性。交渉材料として寧辺の核施設が浮上

 

 米韓に対する挑発行使を続けている北朝鮮が、警告なしでミサイルを発射する可能性が出てきた。4月4日、韓国の韓国の金寛鎮国防相は、北朝鮮が日本海側に中距離ミサイル「ムスダン」を移動させたと明らかにした。「ムスダン」は推定射程距離3000キロで、米本土には到達しないが、日本はもちろん、グアムの米軍基地まで到達する可能性がある。

 米ホワイトハウスのカーニー報道官は、北朝鮮の動きについて「これまでに見てきた北朝鮮の行動パターンに沿ったものである」として、特に驚くべきことではないとの見解を示した。
 これは従来の米国のスタンスを踏襲したものであり、ミサイルを威嚇のために発射する可能性がある程度、織り込み済みであることを伺わせる(本誌記事「北朝鮮側に戦争の意図はない?攻撃的な口調とは反対に部隊に大きな動きはなし」参照)。
 韓国メディア報道では、今月15日の金日成主席の誕生日や25日の軍創建記念日に合わせて、ミサイルを発射する可能性が指摘されている。

 表面的には北朝鮮と米韓の緊張は高まる一方だが、交渉の着地点に関する観測も出始めている。注目されているのは寧辺にある核施設だ。
 北朝鮮は4月2日、同地域にある全ての核施設を再稼働させると明らかにした。その中には、六ヵ国協議によって操業を停止した黒鉛減速炉やウラン濃縮プラントも含まれる。
 ジョンズホプキンズ大学傘下の北朝鮮研究情報機関「38Noth」によると、実際に原子炉近辺での作業が始まっているという(写真)。

 実際に核兵器を製造できる水準まで施設を稼働させられるのは定かではないが、少なくとも米韓に対して、核兵器の継続的開発を行うというサインにはなる。
 2007年の六ヵ国協議で北朝鮮は、核施設の閉鎖と引き換えに重油の提供を受けることに成功している。今回も、警告なしのミサイル発射→核施設を材料に米朝交渉→妥協、というプロセスで交渉が進む可能性はある。

 だが前回と異なり六ヵ国協議の枠組みは機能しておらず、中国側の動きも鈍い。偶発的な形で戦争が発生するリスクは高い。偶発的な事態は起こらないにしても、しばらくの間は、一種のチキンレースが継続することになるだろう。

 - 政治

  関連記事

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

sistinchapel
ローマ法王の選出会議(コンクラーベ)開催が早まる。イタリア大衆紙では陰謀論が沸騰!

 高齢を理由に辞任を表明したローマ法王ベネディクト16世の後継者を選ぶ会議(コン …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …