ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金になるとのジョージ・ソロス氏の発言が話題となっている。

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏は4月5日、CNBCにおけるインタビューで、日銀の政策は危険であり、「円安と資本逃避に歯止めがかけられなく可能性がある」との見解を示した。
 ソロス氏は世界トップクラスの投資家として知られた人物。1992年の英ポンド売りの投資で巨額の利益を確保し、「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。最近では、リーマンショック直後の米国株投資、金や銀などの商品投資などでも大成功している。

 浮き沈みの激しいこの世界で、「勝ち」を続けている稀有な投資家であることから、その発言には世界中の金融関係者が注目している。ソロス氏の今回の発言は、異次元の量的緩和策が持つ潜在的リスクをあたらめて確認したものといえるだろう。

 ただ、注意しなければならないのはソロス氏はあくまでも投資家であるという点だ。金融業界ではポジション・トークと呼んでいるが、投資家の発言のウラには、自分が行っている投資を有利に運ぼうという意図が隠されている。彼らの発言を聞く時には、それを十分に理解しておく必要がある。

 ソロス氏は昨年後半から、円を売り、ドルを買うポジションを組んでいたことで知られている。安倍政権登場前に現在の円安を予想していたあたりはさすがだが、ともかくアベノミクスの円安で10億ドルを超える利益を得ているといわれる(本誌記事「ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利」参照)。
 もしソロス氏がまだそのポジションを保有し続けている場合、さらに円安が進めば利益はもっと大きなものになる。

 投資家は、アナリストや評論家、学者らとは異なり、自らのリスクで巨額のお金を賭けている。このため、その発言には重みがあり、相場の世界では非常に重要視されている。だが一方で、発言には多くの意図が隠されており混乱の原因にもなる。
 著名投資家の発言を聞く場合には、ウラの意図を推測し、それを楽しむ「余裕」が必要なようだ。

 - 経済

  関連記事

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …