ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金になるとのジョージ・ソロス氏の発言が話題となっている。

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏は4月5日、CNBCにおけるインタビューで、日銀の政策は危険であり、「円安と資本逃避に歯止めがかけられなく可能性がある」との見解を示した。
 ソロス氏は世界トップクラスの投資家として知られた人物。1992年の英ポンド売りの投資で巨額の利益を確保し、「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。最近では、リーマンショック直後の米国株投資、金や銀などの商品投資などでも大成功している。

 浮き沈みの激しいこの世界で、「勝ち」を続けている稀有な投資家であることから、その発言には世界中の金融関係者が注目している。ソロス氏の今回の発言は、異次元の量的緩和策が持つ潜在的リスクをあたらめて確認したものといえるだろう。

 ただ、注意しなければならないのはソロス氏はあくまでも投資家であるという点だ。金融業界ではポジション・トークと呼んでいるが、投資家の発言のウラには、自分が行っている投資を有利に運ぼうという意図が隠されている。彼らの発言を聞く時には、それを十分に理解しておく必要がある。

 ソロス氏は昨年後半から、円を売り、ドルを買うポジションを組んでいたことで知られている。安倍政権登場前に現在の円安を予想していたあたりはさすがだが、ともかくアベノミクスの円安で10億ドルを超える利益を得ているといわれる(本誌記事「ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利」参照)。
 もしソロス氏がまだそのポジションを保有し続けている場合、さらに円安が進めば利益はもっと大きなものになる。

 投資家は、アナリストや評論家、学者らとは異なり、自らのリスクで巨額のお金を賭けている。このため、その発言には重みがあり、相場の世界では非常に重要視されている。だが一方で、発言には多くの意図が隠されており混乱の原因にもなる。
 著名投資家の発言を聞く場合には、ウラの意図を推測し、それを楽しむ「余裕」が必要なようだ。

 - 経済

  関連記事

sonmasayosi
ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されてい …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …