ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金になるとのジョージ・ソロス氏の発言が話題となっている。

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏は4月5日、CNBCにおけるインタビューで、日銀の政策は危険であり、「円安と資本逃避に歯止めがかけられなく可能性がある」との見解を示した。
 ソロス氏は世界トップクラスの投資家として知られた人物。1992年の英ポンド売りの投資で巨額の利益を確保し、「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。最近では、リーマンショック直後の米国株投資、金や銀などの商品投資などでも大成功している。

 浮き沈みの激しいこの世界で、「勝ち」を続けている稀有な投資家であることから、その発言には世界中の金融関係者が注目している。ソロス氏の今回の発言は、異次元の量的緩和策が持つ潜在的リスクをあたらめて確認したものといえるだろう。

 ただ、注意しなければならないのはソロス氏はあくまでも投資家であるという点だ。金融業界ではポジション・トークと呼んでいるが、投資家の発言のウラには、自分が行っている投資を有利に運ぼうという意図が隠されている。彼らの発言を聞く時には、それを十分に理解しておく必要がある。

 ソロス氏は昨年後半から、円を売り、ドルを買うポジションを組んでいたことで知られている。安倍政権登場前に現在の円安を予想していたあたりはさすがだが、ともかくアベノミクスの円安で10億ドルを超える利益を得ているといわれる(本誌記事「ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利」参照)。
 もしソロス氏がまだそのポジションを保有し続けている場合、さらに円安が進めば利益はもっと大きなものになる。

 投資家は、アナリストや評論家、学者らとは異なり、自らのリスクで巨額のお金を賭けている。このため、その発言には重みがあり、相場の世界では非常に重要視されている。だが一方で、発言には多くの意図が隠されており混乱の原因にもなる。
 著名投資家の発言を聞く場合には、ウラの意図を推測し、それを楽しむ「余裕」が必要なようだ。

 - 経済

  関連記事

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …