ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金になるとのジョージ・ソロス氏の発言が話題となっている。

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏は4月5日、CNBCにおけるインタビューで、日銀の政策は危険であり、「円安と資本逃避に歯止めがかけられなく可能性がある」との見解を示した。
 ソロス氏は世界トップクラスの投資家として知られた人物。1992年の英ポンド売りの投資で巨額の利益を確保し、「イングランド銀行を負かした男」として一躍有名になった。最近では、リーマンショック直後の米国株投資、金や銀などの商品投資などでも大成功している。

 浮き沈みの激しいこの世界で、「勝ち」を続けている稀有な投資家であることから、その発言には世界中の金融関係者が注目している。ソロス氏の今回の発言は、異次元の量的緩和策が持つ潜在的リスクをあたらめて確認したものといえるだろう。

 ただ、注意しなければならないのはソロス氏はあくまでも投資家であるという点だ。金融業界ではポジション・トークと呼んでいるが、投資家の発言のウラには、自分が行っている投資を有利に運ぼうという意図が隠されている。彼らの発言を聞く時には、それを十分に理解しておく必要がある。

 ソロス氏は昨年後半から、円を売り、ドルを買うポジションを組んでいたことで知られている。安倍政権登場前に現在の円安を予想していたあたりはさすがだが、ともかくアベノミクスの円安で10億ドルを超える利益を得ているといわれる(本誌記事「ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利」参照)。
 もしソロス氏がまだそのポジションを保有し続けている場合、さらに円安が進めば利益はもっと大きなものになる。

 投資家は、アナリストや評論家、学者らとは異なり、自らのリスクで巨額のお金を賭けている。このため、その発言には重みがあり、相場の世界では非常に重要視されている。だが一方で、発言には多くの意図が隠されており混乱の原因にもなる。
 著名投資家の発言を聞く場合には、ウラの意図を推測し、それを楽しむ「余裕」が必要なようだ。

 - 経済

  関連記事

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

microsoft02
マイクロソフトがノキアの携帯電話部門を買収。バルマーCEO最後の大仕事

 米マイクロソフトは9月2日、ノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収すると発 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …