ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月3日、米国カリフォルニア州において、同社の商業用宇宙船のテスト飛行を行った。高高度から投下された機体はスムーズに滑空し無事地上に着陸した。

 同社の創業者で大富豪のリチャード・ブランソン氏は2012年7月、商用宇宙旅行サービスとして宇宙船「スペースシップ2」を2013年に打ち上げると発表していた。1号機には自身と息子2人も乗り込むと宣言していたが、今回のテスト飛行成功で、夢の実現にさらに一歩近づいた。

 スペースシップ2は、乗客6人が乗り込むことができる。母船を使って低軌道に投入され、約2時間の宇宙旅行を楽しむことができる、完全に無重力となるのは約5分間で、その間乗客はシートベルトをはずして無重力を体験することができる。旅行代金は約20万ドル(約1920万円)で、すでに数百人もの予約が殺到しているという。

 実は、同社のサービス以外にも、宇宙旅行を提供するサービスは世界各地で準備が進められている。日本でもホリエモンこと堀江貴文氏が宇宙ビジネスに参入する方針を明らかにしている。

 ただ個人相手の宇宙旅行サービスは、現実には小さなビジネスだ。確かに1人2000万円と高額だが、6人乗りという同社のサービスでは1回あたり1億2000万円しか売り上げることはできない。同社が宇宙ビジネスに参入する本当の狙いは、もっと大きなところにある。衛生の打ち上げ代行や国家の宇宙開発プロジェクトのアウトソーシングである。

 これまで宇宙開発は先進国政府の独壇場であった。だが技術の進歩とグローバル化が進み、今では途上国でも容易にロケットを打ち上げられるようになってきた。先進国では、宇宙開発についても可能な限り民間にアウトソーシングする動きが出てきている。

 米航空宇宙局(NASA)の連邦政府予算全体に対する割合は年々低下している。 ここ30年の宇宙開発の主役であったスペースシャトルは2011年7月のフライトを最後にとうとう退役。国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送などは国際協力や民間ロケット会社に任せる方針に転換した。NASAは天体の探査など科学研究分野に注力していく方針だ。

 この流れを受けて米国では、月への有人宇宙飛行プロジェクトを丸ごと請け負うという野心的なベンチャー企業も現れた。NASAの職員らが設立した会社GoldenSpike社は2020年まで2名を月に送るミッションを実現したいとしている。現実にプロジェクトを実施することが可能なのか疑問の声もあるが、複数の途上国政府と交渉を進めているという(本誌記事「とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場」参照)。

 情報技術の発達やグローバル化は、あらゆる分野の技術をコモディティ化してきた。この流れは宇宙開発も例外ではない。近い将来、宇宙開発の分野も政府の独占が崩れ、ヴァージンやGoldenSpikeのような民間会社が主役となる時代になるのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …