ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月3日、米国カリフォルニア州において、同社の商業用宇宙船のテスト飛行を行った。高高度から投下された機体はスムーズに滑空し無事地上に着陸した。

 同社の創業者で大富豪のリチャード・ブランソン氏は2012年7月、商用宇宙旅行サービスとして宇宙船「スペースシップ2」を2013年に打ち上げると発表していた。1号機には自身と息子2人も乗り込むと宣言していたが、今回のテスト飛行成功で、夢の実現にさらに一歩近づいた。

 スペースシップ2は、乗客6人が乗り込むことができる。母船を使って低軌道に投入され、約2時間の宇宙旅行を楽しむことができる、完全に無重力となるのは約5分間で、その間乗客はシートベルトをはずして無重力を体験することができる。旅行代金は約20万ドル(約1920万円)で、すでに数百人もの予約が殺到しているという。

 実は、同社のサービス以外にも、宇宙旅行を提供するサービスは世界各地で準備が進められている。日本でもホリエモンこと堀江貴文氏が宇宙ビジネスに参入する方針を明らかにしている。

 ただ個人相手の宇宙旅行サービスは、現実には小さなビジネスだ。確かに1人2000万円と高額だが、6人乗りという同社のサービスでは1回あたり1億2000万円しか売り上げることはできない。同社が宇宙ビジネスに参入する本当の狙いは、もっと大きなところにある。衛生の打ち上げ代行や国家の宇宙開発プロジェクトのアウトソーシングである。

 これまで宇宙開発は先進国政府の独壇場であった。だが技術の進歩とグローバル化が進み、今では途上国でも容易にロケットを打ち上げられるようになってきた。先進国では、宇宙開発についても可能な限り民間にアウトソーシングする動きが出てきている。

 米航空宇宙局(NASA)の連邦政府予算全体に対する割合は年々低下している。 ここ30年の宇宙開発の主役であったスペースシャトルは2011年7月のフライトを最後にとうとう退役。国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送などは国際協力や民間ロケット会社に任せる方針に転換した。NASAは天体の探査など科学研究分野に注力していく方針だ。

 この流れを受けて米国では、月への有人宇宙飛行プロジェクトを丸ごと請け負うという野心的なベンチャー企業も現れた。NASAの職員らが設立した会社GoldenSpike社は2020年まで2名を月に送るミッションを実現したいとしている。現実にプロジェクトを実施することが可能なのか疑問の声もあるが、複数の途上国政府と交渉を進めているという(本誌記事「とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場」参照)。

 情報技術の発達やグローバル化は、あらゆる分野の技術をコモディティ化してきた。この流れは宇宙開発も例外ではない。近い将来、宇宙開発の分野も政府の独占が崩れ、ヴァージンやGoldenSpikeのような民間会社が主役となる時代になるのかもしれない。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

kitachosen
トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまで …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …