ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店頭販売を17歳以下の女性にも適用するよう命じた。

 緊急避妊薬は「モーニング・アフター・ピル」とも呼ばれているもので、性行為の72時間以内に処方すれば妊娠を防ぐことができる薬のこと。
 従来は17歳以下の場合には医師の処方箋が必要であったが、今回の命令によって、17歳以下の少女でも自由に薬を入手することができるようになる。

 モーニング・アフター・ピルをめぐっては、全米で様々な議論が沸き起こっている。リベラル色の強いニューヨーク市などではすでに生徒に対して避妊薬を配布する制度を導入しており、利用実績も積み上がっている。

 賛成派の人は、17歳以下の妊娠のうち9割以上が予定外妊娠である実態を考えると、緊急避妊薬を普及させることには合理性があるとしている。
 一方、カトリック教徒やプロテスタント保守派など中心に、こうした医薬品の普及は、性行為を助長するものとして激しく反対している。

 ちなみに欧州各国ではカトリックの影響が強いポーランドなどを除けば、緊急避妊薬は比較的ポピュラーな存在となっている。アジアでも同様だ。日本では2011年に承認されているが、服用するには医師の処方箋が必要で、保険も適用されない。

 緊急避妊薬が今後、日本でどのような扱いになっていくのか、現段階ではわからない。だが子宮頸がんワクチンが定期接種の対象となったように、倫理面で議論の対象となる医薬品についても、今後、適用範囲を拡大する動きが広がってくる可能性は高い。

 子宮頸がんワクチンは現在副作用の問題が主に議論されているが、子宮頸がんは性感染症であることから、セックスの低年齢化を促進するという倫理面での問題を指摘する声もある(本誌記事「子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?」参照)。緊急避妊薬についても同様だ。

 日本では欧米のような宗教的価値観にもとづく激論はないが、その分、倫理的な軸足をどこに置くのかがはっきりしない面もある。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)では医薬品の自由化もテーマになっていることを考えると、こういった倫理面での論点をどうするのか、今後、議論を深めていく必要がありそうだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …