ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店頭販売を17歳以下の女性にも適用するよう命じた。

 緊急避妊薬は「モーニング・アフター・ピル」とも呼ばれているもので、性行為の72時間以内に処方すれば妊娠を防ぐことができる薬のこと。
 従来は17歳以下の場合には医師の処方箋が必要であったが、今回の命令によって、17歳以下の少女でも自由に薬を入手することができるようになる。

 モーニング・アフター・ピルをめぐっては、全米で様々な議論が沸き起こっている。リベラル色の強いニューヨーク市などではすでに生徒に対して避妊薬を配布する制度を導入しており、利用実績も積み上がっている。

 賛成派の人は、17歳以下の妊娠のうち9割以上が予定外妊娠である実態を考えると、緊急避妊薬を普及させることには合理性があるとしている。
 一方、カトリック教徒やプロテスタント保守派など中心に、こうした医薬品の普及は、性行為を助長するものとして激しく反対している。

 ちなみに欧州各国ではカトリックの影響が強いポーランドなどを除けば、緊急避妊薬は比較的ポピュラーな存在となっている。アジアでも同様だ。日本では2011年に承認されているが、服用するには医師の処方箋が必要で、保険も適用されない。

 緊急避妊薬が今後、日本でどのような扱いになっていくのか、現段階ではわからない。だが子宮頸がんワクチンが定期接種の対象となったように、倫理面で議論の対象となる医薬品についても、今後、適用範囲を拡大する動きが広がってくる可能性は高い。

 子宮頸がんワクチンは現在副作用の問題が主に議論されているが、子宮頸がんは性感染症であることから、セックスの低年齢化を促進するという倫理面での問題を指摘する声もある(本誌記事「子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?」参照)。緊急避妊薬についても同様だ。

 日本では欧米のような宗教的価値観にもとづく激論はないが、その分、倫理的な軸足をどこに置くのかがはっきりしない面もある。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)では医薬品の自由化もテーマになっていることを考えると、こういった倫理面での論点をどうするのか、今後、議論を深めていく必要がありそうだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

netaniyafunageki
イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派 …

pakukune
朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

toyamaceo
文科省の有識者委員会で飛び出したG大学とL大学って何だ?

 L大学とG大学というキーワードが教育関係者の間でちょっとした話題になっている。 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …