ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店頭販売を17歳以下の女性にも適用するよう命じた。

 緊急避妊薬は「モーニング・アフター・ピル」とも呼ばれているもので、性行為の72時間以内に処方すれば妊娠を防ぐことができる薬のこと。
 従来は17歳以下の場合には医師の処方箋が必要であったが、今回の命令によって、17歳以下の少女でも自由に薬を入手することができるようになる。

 モーニング・アフター・ピルをめぐっては、全米で様々な議論が沸き起こっている。リベラル色の強いニューヨーク市などではすでに生徒に対して避妊薬を配布する制度を導入しており、利用実績も積み上がっている。

 賛成派の人は、17歳以下の妊娠のうち9割以上が予定外妊娠である実態を考えると、緊急避妊薬を普及させることには合理性があるとしている。
 一方、カトリック教徒やプロテスタント保守派など中心に、こうした医薬品の普及は、性行為を助長するものとして激しく反対している。

 ちなみに欧州各国ではカトリックの影響が強いポーランドなどを除けば、緊急避妊薬は比較的ポピュラーな存在となっている。アジアでも同様だ。日本では2011年に承認されているが、服用するには医師の処方箋が必要で、保険も適用されない。

 緊急避妊薬が今後、日本でどのような扱いになっていくのか、現段階ではわからない。だが子宮頸がんワクチンが定期接種の対象となったように、倫理面で議論の対象となる医薬品についても、今後、適用範囲を拡大する動きが広がってくる可能性は高い。

 子宮頸がんワクチンは現在副作用の問題が主に議論されているが、子宮頸がんは性感染症であることから、セックスの低年齢化を促進するという倫理面での問題を指摘する声もある(本誌記事「子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?」参照)。緊急避妊薬についても同様だ。

 日本では欧米のような宗教的価値観にもとづく激論はないが、その分、倫理的な軸足をどこに置くのかがはっきりしない面もある。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)では医薬品の自由化もテーマになっていることを考えると、こういった倫理面での論点をどうするのか、今後、議論を深めていく必要がありそうだ。

 - 政治, 社会

  関連記事

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

suti02
民主活動家から権力者に。とうとう大統領への野心を表明したアウン・サン・スー・チー氏

 来日中のミャンマーの民主活動家アウン・サン・スー・チー氏は「政党の党首で国のト …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …