ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン(租税回避地)における、大物政治家や富豪などの資産隠しの実態を公表した(写真はICIJのWebサイト)。

 ICIJでは各国の報道機関と協力し、46カ国、86人のジャーナリストを動員して、過去30年にわたる取引の調査を行った。

 調査の対象となったのは英領ヴァージン諸島など著名な租税回避地への資産隠匿で、170カ国、13万人分の情報があるという。
 また、資産隠匿に関与した12万社以上のオフショア企業や信託機関もリストに上がっている。ICIJが保有するファイルには250万 以上のレポートが存在しており、ウィキリークスによる米国国務省の暴露ファイルをはるかに上回る。

 資産の隠匿者として具体的に名前が上がっているのは、フィリピンのマルコス大統領の長女、ロシア国営企業ガスプロムの幹部、カナダの著名弁護士、インドネシアの富豪など様々。また脱税に関与した金融機関としては、UBS、ドイツ銀行などの名前があるという。

 折しもキプロスの金融危機によって、ロシアや英国からの脱税資金がキプロスに集まっている実態が明らかなったばかり。またフランスではカユザック予算相がスイスやシンガポールに隠し口座を持ち、脱税を行ってきた疑惑が浮上して大臣を辞任した(本誌記事「欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚」参照)。ICIJが保有する全リストはまだ公開されておらず、各国の関係者は戦々恐々の状態になっているという。

 今回のICIJによる調査報道は、各国の政治に大きな影響を与える可能性が極めて大きいが、さらに大きなインパクトを指摘する声も聞こえてくる。それはEUの覇者として君臨しているドイツの国際的地位に関するものである。

 ドイツはキプロス支援にも見られるように、経済大国としてEU各国に対し強硬な姿勢を貫いている。だが一方でドイツの金融機関は欧州各国でこうした脱税行為に積極的に手を貸しているともいわれる。ドイツは欧州最大の工業国であるとともに、最大の金融立国でもあるのだ(本誌記事「ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州でも発言力低下か?」参照)。
 ドイツ要人の脱税行為や、ドイツ銀行をはじめとするドイツ金融機関の脱税幇助の実態が暴露されることになると、EUにおけるドイツの信用は一気に崩壊する。場合によってはEUの枠組みそのものが崩れてしまう可能性すらある。

 ちなみにICIJのリストに日本人が含まれているのかは、現時点では不明である。

 - 政治, 経済

  関連記事

googlehead
Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算 …

sinjuwan
安倍首相が真珠湾を公式訪問。だが日米同盟の意味はすっかり変わってしまった

 安倍首相は2016年12月26~27日、太平洋戦争のきっかけとなったハワイの真 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

00002
米大統領選挙、2回目のTV討論会が先ほどスタート。今回も何故かオバマの表情は固い

 米大統領選挙の2回目のTV討論会が先ほどスタートした。場所はニューヨーク州のホ …

hashimoto201505
高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …