ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、予定していた戦略核ミサイルの発射実験の延期を決定した。北朝鮮情勢の悪化を受け、偶発的な事態に発展するのを防ぐためとしている。

  この発射実験は以前から計画されていたもので、5月を目途に実施する予定であった。
 このタイミングで実験中止を明らかにしたことは、北朝鮮に対して交渉のテーブルに着くようにとのサインである可能性が高い。

 また正式なものではないが、北朝鮮の金正恩第一書記が、オバマ大統領から電話が欲しいと発言しているという情報もある。
 実際、3月に北朝鮮を訪問し金正恩第1書記と会談した全米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手デニス・ロッドマン氏が、同様のメッセージを金第一書記から託されてたことも明らかになっている。

 北朝鮮政府は各国の大使館に撤退するよう勧告しているが、実際に撤退をはじめた大使館はない。また平壌市内は現在、美化運動の真っ最中で、市民が道路脇に花を植えているという。こうした一連の動きも、妥協点の模索が始まっているという見方を裏付けるものと考えられている。

 もっとも表面的には北朝鮮と米韓の緊張状態は極限レベルにある。北朝鮮は中距離ミサイル「ムスダン」を日本海側に移動しており、予告なしの発射を行う可能性が高いといわれている。また豊渓里の核実験場では4度目の核実験を準備する動きも見られる。

 米国の報道では、今回の北朝鮮問題をキューバ危機になぞらえたものもの多い。キューバ危機の際には、事態がエスカレートすることを懸念し、最初に拳を下ろしたのはフルシチョフ(旧ソ連側)であった。もし米国の実験延期が交渉開始のサインなのだとすると、今回は米国から先に妥協の余地があることを示したことになる。

 ホワイトハウスや国務省などは、表面上は北朝鮮と水面下で交渉することはあり得ないというスタンスだが、実際には、何らかの接触があるとの噂も根強い。そうなると、ロッドマン選手の訪問も、米朝交渉と深く関係していた可能性も高くなってくる(本誌記事「金正恩氏とバスケ観戦したロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ」参照)。

 金正恩第一書記は、米国に対して体制維持の保証を最優先に求めているといわれる。もしそうなのだとすると、一連の緊張関係の高まりは、条件を安売りしたくない米国側がむしろ煽っていたということなのかもしれない。そう考えれば、今回米国側から妥協案を示した点も辻褄が合う。

 - 政治

  関連記事

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

rikokkyokerry
オバマ大統領の欠席で中国は時間稼ぎに成功。東アジア首脳会議の成果は今ひとつ

 ASEAN(東南アジア諸国連合)各国と日米中などが参加する東アジア首脳会議が1 …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …