ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、予定していた戦略核ミサイルの発射実験の延期を決定した。北朝鮮情勢の悪化を受け、偶発的な事態に発展するのを防ぐためとしている。

  この発射実験は以前から計画されていたもので、5月を目途に実施する予定であった。
 このタイミングで実験中止を明らかにしたことは、北朝鮮に対して交渉のテーブルに着くようにとのサインである可能性が高い。

 また正式なものではないが、北朝鮮の金正恩第一書記が、オバマ大統領から電話が欲しいと発言しているという情報もある。
 実際、3月に北朝鮮を訪問し金正恩第1書記と会談した全米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手デニス・ロッドマン氏が、同様のメッセージを金第一書記から託されてたことも明らかになっている。

 北朝鮮政府は各国の大使館に撤退するよう勧告しているが、実際に撤退をはじめた大使館はない。また平壌市内は現在、美化運動の真っ最中で、市民が道路脇に花を植えているという。こうした一連の動きも、妥協点の模索が始まっているという見方を裏付けるものと考えられている。

 もっとも表面的には北朝鮮と米韓の緊張状態は極限レベルにある。北朝鮮は中距離ミサイル「ムスダン」を日本海側に移動しており、予告なしの発射を行う可能性が高いといわれている。また豊渓里の核実験場では4度目の核実験を準備する動きも見られる。

 米国の報道では、今回の北朝鮮問題をキューバ危機になぞらえたものもの多い。キューバ危機の際には、事態がエスカレートすることを懸念し、最初に拳を下ろしたのはフルシチョフ(旧ソ連側)であった。もし米国の実験延期が交渉開始のサインなのだとすると、今回は米国から先に妥協の余地があることを示したことになる。

 ホワイトハウスや国務省などは、表面上は北朝鮮と水面下で交渉することはあり得ないというスタンスだが、実際には、何らかの接触があるとの噂も根強い。そうなると、ロッドマン選手の訪問も、米朝交渉と深く関係していた可能性も高くなってくる(本誌記事「金正恩氏とバスケ観戦したロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ」参照)。

 金正恩第一書記は、米国に対して体制維持の保証を最優先に求めているといわれる。もしそうなのだとすると、一連の緊張関係の高まりは、条件を安売りしたくない米国側がむしろ煽っていたということなのかもしれない。そう考えれば、今回米国側から妥協案を示した点も辻褄が合う。

 - 政治

  関連記事

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

hellowork
日本もこうなる?英国の失業者が受講する心理テスト。内容は自己啓発セミナー真っ青

 生活保護や失業保険の削減など、一連の社会保障制度改革を行っている英国で、失業者 …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

koukyo
天皇陛下の思いを推測する宮内庁長官発言を菅官房長官が批判。試される日本人の民度

 菅官房長官は9月3日、閣議後の記者会見において、風岡典之宮内庁長官が、天皇・皇 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …