ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、予定していた戦略核ミサイルの発射実験の延期を決定した。北朝鮮情勢の悪化を受け、偶発的な事態に発展するのを防ぐためとしている。

  この発射実験は以前から計画されていたもので、5月を目途に実施する予定であった。
 このタイミングで実験中止を明らかにしたことは、北朝鮮に対して交渉のテーブルに着くようにとのサインである可能性が高い。

 また正式なものではないが、北朝鮮の金正恩第一書記が、オバマ大統領から電話が欲しいと発言しているという情報もある。
 実際、3月に北朝鮮を訪問し金正恩第1書記と会談した全米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手デニス・ロッドマン氏が、同様のメッセージを金第一書記から託されてたことも明らかになっている。

 北朝鮮政府は各国の大使館に撤退するよう勧告しているが、実際に撤退をはじめた大使館はない。また平壌市内は現在、美化運動の真っ最中で、市民が道路脇に花を植えているという。こうした一連の動きも、妥協点の模索が始まっているという見方を裏付けるものと考えられている。

 もっとも表面的には北朝鮮と米韓の緊張状態は極限レベルにある。北朝鮮は中距離ミサイル「ムスダン」を日本海側に移動しており、予告なしの発射を行う可能性が高いといわれている。また豊渓里の核実験場では4度目の核実験を準備する動きも見られる。

 米国の報道では、今回の北朝鮮問題をキューバ危機になぞらえたものもの多い。キューバ危機の際には、事態がエスカレートすることを懸念し、最初に拳を下ろしたのはフルシチョフ(旧ソ連側)であった。もし米国の実験延期が交渉開始のサインなのだとすると、今回は米国から先に妥協の余地があることを示したことになる。

 ホワイトハウスや国務省などは、表面上は北朝鮮と水面下で交渉することはあり得ないというスタンスだが、実際には、何らかの接触があるとの噂も根強い。そうなると、ロッドマン選手の訪問も、米朝交渉と深く関係していた可能性も高くなってくる(本誌記事「金正恩氏とバスケ観戦したロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ」参照)。

 金正恩第一書記は、米国に対して体制維持の保証を最優先に求めているといわれる。もしそうなのだとすると、一連の緊張関係の高まりは、条件を安売りしたくない米国側がむしろ煽っていたということなのかもしれない。そう考えれば、今回米国側から妥協案を示した点も辻褄が合う。

 - 政治

  関連記事

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …