ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。

 会社名はBlueseed。サンフランシスコ沖の海上に船を浮かべ、ベンチャー企業のインキュベーション施設にしようと目論んでいる。なぜ洋上なのかというと、就労ビザがなかなか取れずに起業を諦める若者が多く、アメリカの法律が適用されない洋上であれば、すぐに起業ができるから。

 創設者のマックス・マーティ氏はキューバ移民2世。同社を立ち上げる前は洋上都市を研究する研究所(経済学者のミルトン・フリードマンの孫が会長)に勤めていた。キューバ移民としての経験と洋上都市のコンセプトを組み合わせて、この起業プランを練った。

 洋上のインキュベーション施設の利用料は、オフィスと住居込みで月額1600ドル。海底ケーブルを敷設し高速インターネット環境も提供する。サンフランシスコとはシャトル船を往復させるという。2013年後半か2014年前半のサービス開始を目指す。

 リーマンショックなどどこ吹く風。シリコンバレーは、新世代の起業ブームの真っ最中である。

 ネット系企業ばかりでなく、製造業も続々とシリコンバレーに新しい会社を設立しており、ベンチャーキャピタルによる投資は拡大の一途を辿っている。

 洋上は米国の法律が適用されず、税金も徴収できない。だがこの施設に入居を希望するということは、本当はシリコンバレーで起業したい、つまりアメリカ本土で起業して税金を納めたいということにほかならない。税務当局もやがて会社が大きくなって米国に納税してくれればそれで結構というスタンスなのだろう。

 これが日本であれば、よってたかってつぶされてしまうであろう。

 起業したい若者が世界から集まり、洋上でもいいからと会社を立ち上げ、製造業が復活していく米国。Blueseed社が成功するのかは未知数だが、数字には表れない米国の底力の大きさをこのベンチャー企業はよく表している。

 日本人はこういう国と競争をしているという事実を忘れてはならない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

microsoft02
マイクロソフトがノキアの携帯電話部門を買収。バルマーCEO最後の大仕事

 米マイクロソフトは9月2日、ノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収すると発 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

tosho05
株価の刻み幅を10銭単位に引き下げ。これってどういう意味があるの?

 日本取引所グループが、株価の刻み幅を現在の10分の1に縮小する方向で検討を始め …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …