ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。

 会社名はBlueseed。サンフランシスコ沖の海上に船を浮かべ、ベンチャー企業のインキュベーション施設にしようと目論んでいる。なぜ洋上なのかというと、就労ビザがなかなか取れずに起業を諦める若者が多く、アメリカの法律が適用されない洋上であれば、すぐに起業ができるから。

 創設者のマックス・マーティ氏はキューバ移民2世。同社を立ち上げる前は洋上都市を研究する研究所(経済学者のミルトン・フリードマンの孫が会長)に勤めていた。キューバ移民としての経験と洋上都市のコンセプトを組み合わせて、この起業プランを練った。

 洋上のインキュベーション施設の利用料は、オフィスと住居込みで月額1600ドル。海底ケーブルを敷設し高速インターネット環境も提供する。サンフランシスコとはシャトル船を往復させるという。2013年後半か2014年前半のサービス開始を目指す。

 リーマンショックなどどこ吹く風。シリコンバレーは、新世代の起業ブームの真っ最中である。

 ネット系企業ばかりでなく、製造業も続々とシリコンバレーに新しい会社を設立しており、ベンチャーキャピタルによる投資は拡大の一途を辿っている。

 洋上は米国の法律が適用されず、税金も徴収できない。だがこの施設に入居を希望するということは、本当はシリコンバレーで起業したい、つまりアメリカ本土で起業して税金を納めたいということにほかならない。税務当局もやがて会社が大きくなって米国に納税してくれればそれで結構というスタンスなのだろう。

 これが日本であれば、よってたかってつぶされてしまうであろう。

 起業したい若者が世界から集まり、洋上でもいいからと会社を立ち上げ、製造業が復活していく米国。Blueseed社が成功するのかは未知数だが、数字には表れない米国の底力の大きさをこのベンチャー企業はよく表している。

 日本人はこういう国と競争をしているという事実を忘れてはならない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

building2014
4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …