ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。

 会社名はBlueseed。サンフランシスコ沖の海上に船を浮かべ、ベンチャー企業のインキュベーション施設にしようと目論んでいる。なぜ洋上なのかというと、就労ビザがなかなか取れずに起業を諦める若者が多く、アメリカの法律が適用されない洋上であれば、すぐに起業ができるから。

 創設者のマックス・マーティ氏はキューバ移民2世。同社を立ち上げる前は洋上都市を研究する研究所(経済学者のミルトン・フリードマンの孫が会長)に勤めていた。キューバ移民としての経験と洋上都市のコンセプトを組み合わせて、この起業プランを練った。

 洋上のインキュベーション施設の利用料は、オフィスと住居込みで月額1600ドル。海底ケーブルを敷設し高速インターネット環境も提供する。サンフランシスコとはシャトル船を往復させるという。2013年後半か2014年前半のサービス開始を目指す。

 リーマンショックなどどこ吹く風。シリコンバレーは、新世代の起業ブームの真っ最中である。

 ネット系企業ばかりでなく、製造業も続々とシリコンバレーに新しい会社を設立しており、ベンチャーキャピタルによる投資は拡大の一途を辿っている。

 洋上は米国の法律が適用されず、税金も徴収できない。だがこの施設に入居を希望するということは、本当はシリコンバレーで起業したい、つまりアメリカ本土で起業して税金を納めたいということにほかならない。税務当局もやがて会社が大きくなって米国に納税してくれればそれで結構というスタンスなのだろう。

 これが日本であれば、よってたかってつぶされてしまうであろう。

 起業したい若者が世界から集まり、洋上でもいいからと会社を立ち上げ、製造業が復活していく米国。Blueseed社が成功するのかは未知数だが、数字には表れない米国の底力の大きさをこのベンチャー企業はよく表している。

 日本人はこういう国と競争をしているという事実を忘れてはならない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

gold04
スイスが中央銀行保有資産の2割を金にするという国民投票を実施。現実性は?

 中央銀行が持つ資産の少なくとも20%を金で保有することを問う、スイスの国民投票 …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …