ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。

 会社名はBlueseed。サンフランシスコ沖の海上に船を浮かべ、ベンチャー企業のインキュベーション施設にしようと目論んでいる。なぜ洋上なのかというと、就労ビザがなかなか取れずに起業を諦める若者が多く、アメリカの法律が適用されない洋上であれば、すぐに起業ができるから。

 創設者のマックス・マーティ氏はキューバ移民2世。同社を立ち上げる前は洋上都市を研究する研究所(経済学者のミルトン・フリードマンの孫が会長)に勤めていた。キューバ移民としての経験と洋上都市のコンセプトを組み合わせて、この起業プランを練った。

 洋上のインキュベーション施設の利用料は、オフィスと住居込みで月額1600ドル。海底ケーブルを敷設し高速インターネット環境も提供する。サンフランシスコとはシャトル船を往復させるという。2013年後半か2014年前半のサービス開始を目指す。

 リーマンショックなどどこ吹く風。シリコンバレーは、新世代の起業ブームの真っ最中である。

 ネット系企業ばかりでなく、製造業も続々とシリコンバレーに新しい会社を設立しており、ベンチャーキャピタルによる投資は拡大の一途を辿っている。

 洋上は米国の法律が適用されず、税金も徴収できない。だがこの施設に入居を希望するということは、本当はシリコンバレーで起業したい、つまりアメリカ本土で起業して税金を納めたいということにほかならない。税務当局もやがて会社が大きくなって米国に納税してくれればそれで結構というスタンスなのだろう。

 これが日本であれば、よってたかってつぶされてしまうであろう。

 起業したい若者が世界から集まり、洋上でもいいからと会社を立ち上げ、製造業が復活していく米国。Blueseed社が成功するのかは未知数だが、数字には表れない米国の底力の大きさをこのベンチャー企業はよく表している。

 日本人はこういう国と競争をしているという事実を忘れてはならない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …